左脳と右脳の機能の違いが、左脳派と右脳派をつくる!

内向型・外向型ってなに?

こんにちは、蒼井うみです。

今回は
右脳派と左脳派について書いていきます。

私は、これを知ってさらに安心したんです。

内向型が先天的な気質であることを知って
一度はほっとしたものの、
半分ほどは後天的な気質でもあります。

結局、後天的な部分で
「頭が悪いんじゃないか」と
思うことが多かったからです。

けど、
私の悩みの原因は、またまた脳にありました!

もしかしたらあなたも、
自分の脳の働き方がハッキリするかもしれません。

右脳と左脳って?

たまに、聞きますよね?

右脳派とか左脳派とかっていう言葉。

もともと右脳と左脳には
それぞれの役割があって、
私たちはその状況によって
右脳を使ったり、
左脳を使ったりしています。

イメージを膨らませる時は右脳、
論理的に考えをまとめる時は左脳、
といったように。

実はこの右脳と左脳も、
内向型と外向型のように、
どちらかを多く使う傾向があるようです。
(両向型のように、同じくらい使う人もいます)

その2つのパターンは
頭脳派と芸術肌みたいな、
そんな才能の違いがあるというのも
聞いたことがあると思います。

正直わたし、
そんなに信じてなかったんですけど、マジでした。笑

右脳派:感覚派

右脳派の才能は、創造する力。

赤ん坊は、
まずは右脳を使って「シンボル」を覚えます。
手を振って「バイバイ」をするような。

すごいのは、内向型であっても
マルチタスクができるところ!
あと、ふいに即興的にサラッと
こなしてしまうこともあります。

この辺が、
芸術肌と言われる理由ですかね。
右脳派はまわりから見ると、
感情で急に動き出すので、
予想がつかない
とも言われます。

そんな右脳が苦手とするのは、
頭にある考えを言葉にすること。
わっと急に頭に浮かぶけど、
複雑で、抽象的なんです。

感情と行動・事実を分けることも苦手です。

ですが、右脳派は
自分の知識の深さを
自覚していないパターンも多いのだとか。

左脳派:理論派

左脳派の才能は、言葉や数字に強いところ。

赤ん坊は
右脳を使ってシンボルを覚えた後、
左脳を使って言語を覚えます。

左脳派は、言うなれば右脳派の反対。

言語化された情報やデータを
具体的に考える傾向があって、
複雑な計画も得意。

感情的でないので、
事実と感情の切り離しができて、
選択する時にも感情に左右されない。

苦手なのは、マルチタスク。
また、感情が見えにくいので、
冷たい人に見られがちです。
でも左脳派自身も人との付き合いは特に望まなくて、
興味が仕事や趣味に集中しがち。

ザ・頭脳派!って感じですね。

内向型だって、右脳派と左脳派がいる!

私は、とにかく言葉にするのが苦手です。
苦手っていうか、できない…。

思ってることはあるんだけど、
形にしたいものはあるんだけど、
どんな手段でどんな形にすればいいのかわからない…
と悩んで今までずっと生きてきました。

小学校1年生の時に
読書感想文の書き方がわからなくて、
クラスで1人だけ書き直しを命じられました。
(書き直す方法もわからなかったから
どうやって終わらせたのかもわからん…)

なので、大学のレポートとか、
仕事の研修の感想なんかを
指名された人がぱぱっと答えるのを見ると、
どんなに嫌いな人でも尊敬します。笑

私には内向型の
深く考えるというすごい能力があるのに、
「なんで言葉にできないんだろう?」
「なんで形にできないんだろう?」

もしかしたら
経験や勉強を怠ってきたから、
人生レベルで頭が足りないんだろうか…
と、へこんだりしてたんです。

会社の子で、
おそらく内向型寄りの女性がいるんですけど
具体的な言葉に落とすのがとてもうまくて。
羨ましかったんですよね。

彼女は当然のように
物事を客観的に、論理的に考えます。
代表として発言する機会も多いし、
本人は乗り気じゃなくてもきっちりこなす

自分の立場と感情も、
きれいに切り分けることができます。

私は最初、
感情を殺しているのかと思って
はらはらしてたんです。

けど、感情をなくしたわけではなくて、
ただ事実や立場という
目に見える現実と、
心を別物として扱っているだけだったんですね。

溜まった黒い感情はちゃんと存在して、
違う方法で発散します。

そんな彼女からみると
私は予想外の行動をするらしい。笑

思い立ったが吉日で動き出してしまうし、
暗くなった空気をすっとんきょうな発言で
ぶち壊すこともあるらしいです。
(空気クラッシャーが役に立った瞬間)

そして
「そんな服、着るの!?」
っていうのを選ぶ…らしい。
…着ますけど?笑

好みや考え方、行動はこんなに違うけど
お互いに内向型だから
一緒にいるのはラクなんです。

無理してたくさん話したり
行きたくないところに強制されたりしないから。

自分の特性を知っていく

論理的であり分析力もある左脳派は、
この外向型向けの社会でも、
おそらく右脳派よりは、
生きやすいのではないかと思います。
数字や具体性は、強い武器になるからです。

しかし右脳派だって、
感情が豊かで視野が広い
という特徴を持っています。
左脳派のように
理論を頭に入れるのは難しいけれど、
他人の感情を動かす力があります。
感動させたり楽しませたりするのが得意です。

この特性だって、
どっちが正しいとか間違いとかはないんです。

そもそも、
私たちは右脳も左脳も、どっちも使ってます。
どっちかを多く使う傾向があるだけなんです。

自分がどっちを多く使う傾向があるかを
知っていくことは、
自分を理解するのに役立ちます。

私は言語化できないのが
右脳のはたらきの1つと知って、
「私だけじゃないんだ」
と安心できました。

遺伝子によって
内向型・外向型に引っ張られていても、
右脳派・左脳派であることで、
その気質をさらに強めたり、
反対側にひっぱったりしているはず。

そうなるときっと
同じ内向型でも全然違うし、
同じ外向型でも全然違うんです。

その程度も、人によって全然違う。

「そりゃあみんなちがうはずだわ!」
って感じじゃないですか?笑

だから、他人と違うことは当然
ぜーんぶ、自分!

自信持っていきましょう^^

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました