『わたしの幸せな結婚』にハマった理由は10年を超える信用力だった

ビジネスに必要な心構え

こんにちは、蒼井うみです。

先日、
「なるほど、これが信用の力か!」
って実感した出来事があったので、聞いてください^^

信用力とは

ネットビジネスをするにあたって、
めちゃくちゃ大事だなって思うのが「信用力」です。
「この人信用できる」って思ってもらうことですね。

インターネットっていう
お互いに顔を合わせないし知らない世界で
お客さんに信用してもらえるって
とっても幸せなことです。

実際に自分で足を踏み入れて
店員さんと顔を合わせて
手に取って選べるお店と違って、

ネットでのビジネスは
売ってる人の顔を知らないし、
商品だって買ってみないとわかりません。

なので、
どれだけお客さんに信用してもらえるか
っていうのが超大事なんです!

知らない作品不信?

私は学生時代から、小説やマンガが大好きです。
しかし、社会人になってからは読む量が激減。
小説に至っては、7年くらい、
1冊も読んでいませんでした。

マンガも読む量が激減していて、
知ってるマンガだけを購入するって感じです。

時間もお金もないから、
確実に面白いものしか、
読みたくなくなってた
んですよ。

だから、
「気になってるけど買ってないマンガ」
がいっぱいあったんです。

でも、
気になってても買いません

確実じゃないから。

今思うと、
どこまで信じないのよって感じですけど。笑

でも、当時はとにかく仕事が優先。
私には仕事しか取り柄がないって思ってたから、
選ぶのを失敗したら、
その時間がもったいないって思ってました。

今はその時ほど「仕事命!」ではないですが、
その時の考え方が残っちゃってたんですね。

特に信用してないネットマンガ

特に信用してないのが、ネットマンガです
ストーリーやキャラクター設定が過剰なものが多くて、
なかなか手を出しづらいんです。

謎の世界に転生したり、
大どんでん返しがあることを予告してたり、
主人公が異常にいじめられてたり、
異常に性格悪い人が出てきたり。

なんとなく…
やりすぎ感があると引いちゃうんですね…私。

なので、全然見てなかったんです。
ネットだけで公開しているマンガって。

大好きな作家さん

そんな私が、
気になって仕方がないネット広告がありました。
『わたしの幸せな結婚』というマンガです。

ガンガンオンラインで連載されているマンガで、
原作はKADOKAWAの富士見L文庫で出しているラノベ小説。

ラノベ…一度も読んだことないです。
なのになにが気になるって、
とにかく絵がキレイなんです。

しかも、めちゃくちゃ出てくるので、
しっかり脳に刷り込まれてますし。

でも、
大どんでん返しがあることを予告してて、
主人公が異常にいじめられてて、
異常に性格悪い人が出てくる
らしいんですよ。笑

苦手要素のすべてを備えている!

だから「ちょっと…」って思ってたんですけど、
「見かけるたびに気になっちゃうくらいなら、
一回見てみればいいじゃないか!」
ってなった瞬間があって、
「えいっ!」って気持ちでタップしてみたんです。

そうしたら…
「イラスト:高坂りと」
の文字が…!

高坂りとさんとわたし。

高坂りとさんとの(一方的な)出会いは高校生の頃…。

部活の先輩が持っていた本の
絵がめちゃくちゃ可愛い&個性的&色がキレイで、
完全に一目惚れしました。

その後ガンガンで
『プラネットガーディアン』というマンガでデビューしたので、
高坂りとさんのためだけにガンガンを買っていました。
もちろんコミックスも持ってます。

数年前、
本棚の本の3分の2ほどを思い切って処分しましたが、
『プラネットガーディアン』は
しっかり本棚の奥にしまってあります!
(日焼け防止!笑)

なにがそんなに好きかと言われると…
一言でいえば全部なんです。笑

輪郭の線の引き方、
服のしわの入れ方、
トーンの使い方、
髪の毛の動き方、
影の入れ方、
線の表現が多いところ、
独特な笑顔の表情、
男性キャラのカッコよさと美しさ、
そして冷たい表情、
悪女の異常な可愛さ、
なによりも個性的な色の塗り方…!

あれ?
なんか…
気持ち悪いですね…?笑

それくらい、すべてが大好きで、
学生時代の私が心酔していた作家さんです。笑

知ってからの私の行動

もちろん、即読みました
ネットマンガって、
無料で最初がちょっと読めるじゃないですか。

読んで、
コミックスが出てることを調べて、
即本屋に向かいました。
Amazonも待てませんでした。

そして、1巻で号泣。
そして2巻も泣きました。

こんなに感情が動いたマンガは
めちゃくちゃ久しぶりで、
何度も何度も読み直して、
幸せをかみしめています…。

2巻が出たばかりなのに、
早く続きが読みたくて、
ガンガンオンラインアプリに登録しました!
(最新話はコミックスの最後と同じでした…)

あの…
ネットマンガ信頼してなかった私って、
一体なんだったの…?

もしかして別人なの…?

っていうくらいの手のひら返し。

あんなに意地張ってたのに、
なんでこんなに早替わりできるの!?
恥ずかしくないの!?!?!?

こうして記事にしてますけど、
正直めちゃくちゃ恥ずかしいです…!

アプリまで落としてしまった時、はじめて
「まさか、
私は高坂りとさんを完全に信用していたために
急激な手のひら返しを、
まったく悩まずにしてしまったの…!?」
って、やっと気が付きました。

信用って最強

最初に信用しちゃうと、
10年以上の時を経てもこんなことになるみたいです。

自分でも、びっくりしました。

しかも、さらに感謝しているんです。
「ネットのマンガはダメ」っていう
謎の思い込みを取ってもらったためです。

私は勝手に、
ネットのマンガは、
紙のマンガよりもレベルが低いと
思ってたってことなんですよね。

今って、
紙の雑誌がどんどん少なくなってるんだから、
ネットから出てくることなんて必然なのに…。

なんで考えもしないで否定していたんだろう…。
本当に恥ずかしいです…。

しかも、
オンラインで連載されてるものが
コミックスになってるのも知りませんでした。

なにも知らないのに読まないって決めてた私、
ほんとバカだなって感じです。

なーんて、
普通なら、どんなにおかしい考え方でも、
こんな簡単にマインドがひっくり返るわけがないんです。
なんでこんなに変われるの?って考えると
やっぱり信用力なんですよね。

私が高坂りとさんをめちゃくちゃ信用しているから、
なんでも受け入れちゃうんです。

信用力、最強ですね。

ビジネスと信用

ビジネスについて学んだことで
「信用」が大事なんだと、はじめて知りました。

私たちは相手を信用するから
行動できるんです。

知らないおじさんに
「そこのケーキ屋おいしかったよ」
って言われても、
「え…なに?こわ…」
って思って行きませんよね。
むしろ、逃げますよね。笑

けど、仲のいい友達に
「あそこのケーキ屋おいしかったよ」
って言われたら
「えっそうなんだ、今度買って帰ろー」
って思うじゃないですか。

これが、「信用」があるかどうかの違いです。
(おじさんごめん)

ということを
理解してるつもりだったんですけど、

今回自分の行動で
「これかーーーーーーーー!!!」
ってなりました。笑

同時に、面白かったです。

知らないうちに私たちって、
こうして会ったこともない人を
勝手に好きになって、
こんなにも信じることができて、
幸せを感じているんだなぁ
って、
なんだか不思議な感覚でした。

私のビジネスは、
信用あってのビジネスです。

だから、たまに不安になります。
「期待外れって思われたらどうしよう」
「急に連絡取れなくなったらどうしよう」
って。

でも、
10年以上信用してる自分に気がついて、
思いました。

やっぱ、信用って最強。

もしかしたら、
連絡が取れなくなったりするかもしれない。
ショックを受けるかもしれない。

でも、
私がこうして情報発信を続けていれば
ちょっと行き場がなくなってた誰かも、
もしかしたら戻ってきて、
また頼ってくれるかもしれない。

自分がそんな場所になれたら…

そんな時に頼ってもらえるくらい
信用してもらえたら幸せだなぁ…♡
って、にやにやしちゃいます。笑

そんな時のために、
あなたに寄り添えるような発信を
今後も続けて行こうと思います!

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました