人間関係リセット症候群って?その心理と対処法を紹介します。

内向型のあなたへ

こんにちは、あおいうみです。

今回は
人間関係のリセットについてです。
あなたは
「人間関係めんどくさい」
「誰も知らない土地で生活したい」
「全部リセットしたい」
と感じること、ありませんか?

実は、私は何度も思ってました。
そして、しちゃったこともあるんです。

その経験と勉強した知識から、
人間関係のリセットによるメリット・デメリットや、
リセットする前にできること、
考えることをお伝えしていきますね。

「人間関係リセット症候群」

「人間関係リセット症候群」とは、
冒頭に書いたような
「人間関係をゼロに戻してしまいたい」
という心理状態のことです。
具体的には、
いきなりSNSや連絡先を消して
人との関係を断ってしまいたいという衝動。

正式な病名ではないんですけど、
SNSなどでよく使われています。

これってつまり…
「人間関係リセットしたい!」っていう
衝動と戦ってる人が、そんなに多い
ってことなんですよね…。

現代はSNSで24時間繋がれるからこそ、
まるで「鎖」のように感じてしまう…。

だから
「この鎖を外して自由になりたい!」
「私を知ってる人がいないところにいきたい!」
って、思っちゃうんですよね。

人間関係リセット症候群になりやすい人

「リセットしたい」と思っている人は
コミュニケーションに苦手意識があることが多いです。
たとえば
・自分に自信がない
・まじめでこまかいことを気にする
・空気を読みすぎる
このタイプは断ることが苦手で、
ストレスをためやすい傾向があります。
なので、他人と接すれば接するほど
疲れを感じてしまうんですね。

また、こんなタイプも。
・マイペース
・めんどくさがり
このタイプは、
もともと一人行動が好きな人が多いです。
だからこそ、他人との時間が増えれば増えるほど
「不自由」と感じてしまって、
自分にとって「鎖」だと感じてしまうんですね。

私のリセット経験

私は「なりやすい人」の項目の
全てを満たしていました^^;
そのせいか、
人間関係のリセットを3回したことがあります。

1回目は、高校生になった時。
私は中学校が大嫌いだったんですが、
高校で同じ中学の子はたった5人。
だから、あえて
今までの同級生の連絡先は、聞きませんでした。
環境の変化は、手っ取り早かったですね。
中学3年間を手放した感覚で
気持ちが軽くなりました。

2回目は、思わぬ事故がきっかけ。
ケータイを、水没させたんです…。
急いで携帯ショップに行ったら
なぜだか契約からリセットすることになって
全部、強制的に消えました。
その時周りにいた人は登録し直したけど、
あまり得意じゃない友人とか
辞めたバイト先の人とかは消えました。
この時、気づいたんです。
「水没させたって言えばリセットできるんだ」って。笑
落とした時は死ぬほどショックだったけど
冷静になったら、むしろスッキリしました。

3回目は、
精神的に追い詰められていた時でした。
抱えきれない出来事が
会社でもプライベートでも立て続けに起きて、
それでも笑顔を貼り付けて生きてた頃。

急に衝動がやってきて
スマホを契約会社から変えました。
新アドレスを連絡しなきゃ…て
思いながらもめんどうで
最低限以外は後回しにして…そのまま。
学生時代の連絡先はほぼ消えました。

そして、決定的だったのは年賀状です。
私はもともと「年賀状は来たら返す」派。
しばらく会ってない人にも
送ってくれた年賀状は返してました。
けど、その年は
後回しにしてるうちに2月になって…
その年に出すのは諦めました。
すると、次の年からパタッとこなくなったんです。

3回目の、スマホを変える「衝動」は
今思えば「人間関係リセット症候群」だったのでしょう。

こんな感じで、
思ったよりもあっさりと
断つことができちゃったんですよね。

人間関係をリセットするメリット・デメリット

人間関係リセット=悪いことではない

リセットと聞くとネガティブに聞こえますが
「新しい世界で生きてみたい」
自分に期待している
前向きな状態でもあります。

実際、私はリセットのたびにスッキリして、
美術館にいったり、
映画館に入り浸ったりと、
行動が身軽になっていました。

「人間関係リセット症候群」の人は
この感覚が味わいたいんですよね!

後悔するかもしれない

抜け出せた時はスッキリしますが、
後悔する可能性ももちろんあります。

私は、1・2回目のリセットに後悔はないです。
でも、3回目では
1人だけ後悔している人がいます。
それは、高校の同級生。
私は高校時代、
特定の友達を作らなかったのですが、
彼女もそのタイプだったんです。
だからグループ作業は一緒でした。
それくらいだったのに、
上京する前にご飯に誘ってくれて
とっても嬉しかったのを覚えています。

そんな彼女が
年賀状を返さなかった私に
心配して連絡をくれたんです。
私はその返事をすることすら億劫で。
「そのうち、そのうち」って思ってるうちに
彼女のメアドも住所も変わって、
今は全く連絡が取れません。

10年くらい前の話ですが、
今でも裏切ったような気がして
彼女との関係だけは後悔しています。
きっと、自覚していた以上に
私の中で
大切な存在だったんですね。

リセットするまえにできること

「人間関係リセット」までしなくても、
その衝動を薄めることが、実はできるんです!
そしてそれは、生きやすくなる方法でもあります。

その方法を4つ紹介しますね!
よかったら、ここから試してみてください^^

自分の考え方のクセを知る

私たちは、考え方に独自のクセを持っています。
それを自覚してみると
今までの世界が変わって見えることがあるんです。
なので、リセットしたい気持ちも薄くなるかもしれません!
(★考え方のクセについての参考記事↓
「認知のゆがみ」を自覚して世界を変える!代表的な10項目を紹介

自己肯定感を高める

リセットしたい気持ちの裏側には、
自分を否定する気持ちがある場合も多いんです。
自己肯定感を持つことで生きやすくなって、
リセットしたい気持ちを薄めることができます。
(★自己肯定感を高めるメルマガ↓
あおいうみのメルマガ)

生活習慣を整えてみる

普段、しっかりした睡眠と適度な運動の時間がないなら、
自律神経のバランスを乱しているかもしれません!
心の状態が安定しないことが、
リセットしたい気持ちに関係している可能性があります。
(★自然に身体をゆだねることの大切さの参考記事↓
『西の魔女が死んだ』を読んでーきっとあなたの心が満たされるおススメ小説-

たまにプチリセットをする

大きい衝動が来る前に、
小さいリセットを繰り返して衝動を避ける方法。

プチリセットになる行動は人によって違います。
ポイントは

・普段の生活ではない冒険要素
・爽快感を感じる要素
・自由であること

を入れることです^^

私がしているのは
・プチ断捨離
・1人カラオケ
・本(空想)の世界に没頭
・予定を決めないで出かける
・3泊以上の旅行
などです。

私は1か月に1回ペースでしています。
なので、
いまの私に「人間関係をリセットしたい!」衝動はないです。

意外とリセットしやすいからこそ注意が必要

人間関係って、案外リセットしやすいんです。

しかし、私のように後悔してしまう
「自覚していたより大切な人」も
中にはいるかもしれません。

環境を変える時も、
会社だったら
衝動で辞めるのってリスクですよね。
衝動を抑えたうえで
貯金とか次の仕事とか、
準備できていれば後悔の可能性を減らせます。

行動しちゃう前に
「リセットしたい気持ちを薄める方法」を
実践して、衝動を薄めてみてください。

そして
「なぜリセットしたいと感じるの?」
「なにが負担なの?」
と、一度自分の感覚を確認してみましょう。

そうして出てきた答えが
「新しい世界で生きてみたい」
という、前向きなものであれば
ちょっとずつ準備をはじめてみましょう。

未来の自分のために、今できることを。

 

★都合よく使われないために↓
他人に嫌われるのがこわいあなたへ

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

  1. […] 合わない友人なんかは なかなか会えないようにすればできなくもないです。 年齢を重ねれば、自然に消えていく人もいるし。 (★人間関係の断捨離の参考記事↓ 人間関係リセット症候群って?その心理と対処法を紹介します。) […]

タイトルとURLをコピーしました