蒼井うみのこれまでの人生と、これから

蒼井うみのこと

こんにちは。蒼井うみです。

このページでは、
蒼井うみの人生と、
私がブログを書く理由を、お話しします。

私は、田舎在住の30代非正規OLです。
会社員としてフルタイムで働きながら、
副業でネットビジネスをしています。

…と、言うと
「うみさんってパワフルですね」
「多才で羨ましいです」
なんて言われることもありますが
全然、そんな人間じゃないんです。

私は幼少期から、
それなりにレールに乗っかって、
普通に生きてきた…

「…はずなのに全然うまくいかない」
「なんか私だけおかしい…」

と、モヤモヤしながら生きてきました。

そのモヤモヤの詳細と、
副業を始めるに至ったきっかけなどを
恥ずかしいくらい詳しく書きました!
ゆったり読んでいただけたら嬉しいです^^

幼少期

子どもの頃の私は、
人が怖くて声が出せない、おとなしい子。
常に他人の目を気にしていました。

物心ついた時にはいじめられていて、
他人との距離の詰め方がわかりませんでした。

小学生になっても
大人が求めるものや、
女子の空気の読み方がわからず、
ただただこわくて。

「本音を言ったら怒られる」
「いじめられる」
と思った私は、
外ヅラがいい子になっていきました。

そのためには
優等生でいなくちゃいけませんでした。
良い成績を保つことや
規範となる行動を求められました。

でも心の中では、
「どうしたらラクできるかな」って
毎日考えてたし、

「なんで私ばっかり」って
毎日毒づいてました。

そんな自分が、嫌いでした。
毎日、嘘の自分を演じているような感覚で。
隠して生きると、バレるのが恐怖なんです。

強く残っている記憶があります。

家族で外食に行った時、母に
「食べてる姿だけ見たら、
良いとこのお嬢さんに見える」
って笑われたこと。

母としては
なんでもない一言でした。

でも私には、グサッと刺さりました。
罪を暴かれたような気持ちでした。

それくらい、
「本当の私」を出さないことは
罪深いことだと思ってたんです。

「なんで私はみんなみたいに言えないんだろう」
「私の意見ってどこにあるんだろう?」
と、考えながら登校していたのを覚えています。

毎日、苦しかった。
生きるのが、辛かった。

「転校して新しい自分として生きられないかな?」
「誰も知ってる人がいないところで生きてみたい」
と、なにもかもリセットしたい気持ちで生きてました。

はじめてのチャンス

勉強は、学年1位でした。

田舎では、基本的に公立の中学に進学します。
しかし成績上位の子に限り
私立を受験する流れがありました。

担任に「受験しないか」と言われた時、
嬉しくて興奮しました!

「知ってる人がいない学校に行けるかもしれない」
「人生やり直せるかもしれない!」

勉強をしてきた時間が、努力が、
報われたような気がしました。

興奮したまま、親に報告しました。
親が望む成績優秀な「良い子」であることが
証明された瞬間
でもあったので、
絶対喜んでくれると思いました。

でも、返って来た言葉は
「そんなお金ない」。

何も言えませんでした。

長女の私は
母親が貰ってきた
おさがりばかり着ていたし、
外食も少ない家でしたから。

駄々をこねることもなく
次の日「受験しません」と担任に報告しました。

担任は「そうか」としか言いませんでした。
きっと、予想してたんですよね。
我が家にはお金がないって知ってたから。

でも、
「だったら、私に言わなくていいじゃん」
「親に直接電話してくれたらよかったのに…」
と、心の中が真っ黒になりました。

罪深さを感じてまで
大人の望む「良い子」になっても、
なんにも残らないんだなって思いました。

中学~高校

こうして地元の公立中学に進学しました。

そこはイワユル荒れてる学校で、
ヤンキーといじめがはびこってました。

私は、学校が大っ嫌いでした。

だから
違う学校に通えた可能性を思い出しては

「努力しても、お金がなきゃ意味ない」
「なんなら、努力ってお金で買えるのかも」
と考えるようになりました。

そうして私は勉強をやめ、
部活にのめりこみました。
その結果、
高校受験は第一志望不合格。
滑り止めの私立に進学しました。

家族には「おめでとう」と
言ってもらえませんでした。
「お金がかかる」から、
全然おめでたくなかったんです。

しかし、高校で
私は新しい世界を知りました。

入学した学校は授業も部活も教育も、
レベルが高かったんです。

だから、やりがいがありました。
不合格で背負った劣等感を
あっという間に脱ぎ捨てて、
充実した高校生活を送りました。

同時に
「お金があったら、
もっと人生が充実したんだろうか?」

と考えることも増えました。

「もし私立の中学に通えたら、
3年早くレベルの高い教育を受けられたのかな?」と。

だんだん、
お金は、努力よりも人生を左右すると、
確信に近い気持ちを持つようになりました。

どんなに努力してもお金がないと
レベルの高い教育は受けられない。

それによって人間性も将来も変わってしまう。

お金のあるなしで、
選択肢の数も変わるんですよね。
「世の中って不公平」と思いました。

新卒

東京の大学で勉強したかったけど、
結局、奨学金で地元の短大に通いました。
通ったかいあって、
県内で1番の企業に採用されました。

これが、人生で最高に褒められました。

先生方はもちろん、
親にも褒められたので
本当に嬉しかったです。

だけど、
入社してみたら超ブラックで。

理不尽なパワハラ・セクハラは日常です。
年末は22時まで残業したのに
出勤簿では18時で帰ったことになっている。

有休も取れない。
土日に遊びに行った話題もNG。
「休日出勤してる人もいるから」という理由で。

「私たち社員は、都合のいいコマ」
って気持ちで仕事してました。

「人生最高に褒められた結果がこれか…」
って思ったら、うんざりでした。
中学受験の時と、同じ気持ちでした。

そして、1年半で退職します。

転職活動

私はこれまで
「お金」と「他人の目」に
自由を制限されることが多かったので
「自分の人生を生きる」ことに憧れていました。

誰かのコマじゃなくて、
自分のために努力したい。
さらに上を目指してみたい。

そして
自分の存在を認めてもらえたら…
と思っていました。

なので、転職活動では
少しでも興味がある仕事を探しました。

希望は本屋さんや出版業界など。
でも、田舎にそんな求人はありません。

もともと田舎は募集企業が少なくて、
自立できないほどお給料が少ないことも多いから、
「ある程度安定したお給料が欲しい」と考えると
思うようにいかなくて…。

だんだん、
「自分はなんて高望みをしてるんだ…」と
自分を責めるようになりました。

そうして
ニート期間と短期バイトを経て、
新卒と同じ業界で働き始めます。

でも、今度は派遣社員
しかも1年間の期限付きだったので、
短期バイトの延長感覚でした。

同じ業界でもこの会社では
セクハラやサービス残業を許す風土はありません。

嫌なこともあるけど、
ありがたいことに2年、3年…と
期間は延長されていき、
ついには派遣→直接採用の非正規社員になりました。

努力を認めてもらえた気持ちで、
非正規でも

「雇ってくれた会社のためにがんばろう!」って、
心から感謝しました。

努力を評価された瞬間

そんな職場でも、パワハラを受けはじめます。
毎日重箱の隅をつつかれては、否定される日々。

人格を否定され続けるって、本当に辛いんです。

誰かに、
なにかに、
自分を認めて欲しかった私は、
当時は正社員でも合格者が少なかった
FP2級というお金の資格にチャレンジしました。

FP2級は、
レベルとしては簿記くらいで、
2級でも”ちゃんと”勉強すれば取れる、
努力は必要だけど高望みではない資格です。

お金がないので独学で、
教材代もできるだけ節約しました。

その執念のおかげか、無事合格。
「点数は人間より平等」って思いましたね。

この資格取得が、意外にも
会社での立ち位置を変えていきました。

・資格を取得”できた”こと
・取ろうとする前向きさ
を評価され、
なんと新設の部署への異動が決まりました。

「努力を評価してもらえた」と感じた私は、
非正規でもその部署の戦力になりたくて、
さらに勉強するようになりました。

得た知識のおかげで仕事が回ったり、
お客さんに感謝されることが嬉しくて嬉しくて。

「私にも存在価値がある」
「お客さんに求められてる」と、
やりがいを感じるようになりました。

生き方に疑問を感じはじめる

私は「自分の人生を生きる」ことに憧れていました。

逆境でも努力し、評価され、
しかもお客さんに必要とされている。

これはきっと幸せで、
このまま頑張れば人生は良い方向に好転するはず。
そう信じていました。

けど、部署の高評価に嫉妬した上司が、
部署のメンバーを転勤させました。
実質、解散です。
そうして自分のお気に入りの社員を
その部署に置いたんです。

その時、気がつきました。
会社員の不自由さと、非正規雇用の不安定さに。

新設の部署は全てが手探りでした。
迷って、失敗して、自己嫌悪して、
「やっと形が見えた!軌道にのってきた!これからだ!」
っていう時に、理不尽な理由で転勤させられる。

「私たちの努力ってなんだったの?」
「なんで本部の機嫌とるだけの人にそんな力があるの?」
って、マジで頭に来ました。

でも、
辞令が出たら行かなきゃいけないのが会社員。

「なんて理不尽なんだ」って思いました。
結局コマなんですよ。

そして私も、転勤になりました。

新しい店では、
非正規なのに数字を取っていた私の経歴が
お局さまの機嫌を損ねてしまいました。

他人との距離を詰め方がわからないので
広められる陰口を止めることもできず、
全員から人格否定されるようになりました。

なんとか認めて貰おうと
「とにかく数字を出そう」
「認められるようにがんばろう」と、
着実に仕事をこなしていきました。

努力すれば、
また評価されて認めてもらえると
信じていたからです。

数字を取っては陰口をいわれ、
企画を提案しては潰され、
他の人の仕事も回され…

だんだん
「やればやるほど、おかしくなっていく…」

と気づきながらも、
「過去の経験を信じて努力する」しか
私にできることがありませんでした。

ストレスは、お金で発散しました。
お金を使ってる時は自由な気がするんです。

非正規のお給料は少ないけど、
残業や休日出勤をすれば、
入ってくるお金は増える。

といっても、
正社員以上に残業しても
休日出勤しても
お給料が正社員より多くなることはない。

それでも、
忙しく働いていれば、

余計なことを考える時間が減る。

だから、
「一石二鳥だ」と思って
とにかく働き続けました。

そんな生活を続けていたら
・胃腸炎を半年に3回
・3年続くじんましん
・朝、めまいで起き上がれない
・職場に向かうとやってくる激しい頭痛
・毎晩腹痛で目が覚める
・週に2日は一睡もできずに朝を迎える
こんな身体になってしまい、
病院で休職を勧められました。

でも、私は非正規です。
休職の制度はありますが、
非正規が復帰した例はありません。

少し休んで退職、という流れができてます。
その後は、また地獄の転職活動に突入だし
30歳を超えた私を採ってくれる企業なんて…

だから、
とにかく身体を酷使するしかなかったんです。

なによりも大切なもの

結局私は、辞める覚悟で休職を選択しました。

仕事よりもお金よりも、
大切なのは「自分」です。

身体を壊して、
【自分以上に大事なものなんてない】って知りました。

私は体調が悪くても
「仕事に行かなきゃ」
「仕事しなきゃ存在価値がない」って
身体のSOSにも構ってられないほど、
勉強しないと、
数字あげないと、
働かないと
「社会から必要とされない」と思ってました。

だって、
不安になって誰かに相談しても
「私もだよ」
「みんなそうだよ」
って言われません?

「みんな辛いんだから、これくらいで弱音を吐けない」
って耐えるのが、社会の共通認識みたいになってません?

でも、突然電池切れになることって、全然あって。

そうなる前に
自分の気持ちにもっと敏感になるべきなんです。

非正規って、
正社員に比べるとラクですよね。

正社員よりは責任がないし、
比較的早く帰れるし、
比較的休日出勤しなくていい。
自由な時間が確保できるのは、非正規の特権です。

でもその自由な時間になにかしたくても、
お金がないからできないこともあります。
旅行に行く時間はあってもお金がない。
子どもを遊びに連れて行きたいけどお金がない。

お金を稼ごうと思うと
自由な時間を捨てなければいけないし、

自分の時間が欲しいって思うと
お給料を諦めなければいけない。

私は経験から
お金を優先しようと、身体を酷使しました

すると、
身体が悲鳴をあげてしまいました。

その経験を経た今だから思うのですが
自分のしあわせは、諦めちゃダメです。

諦めることを減らして、
自分の感情が聞こえるようになって、
自分を肯定してあげられるようになると、
自分の気持ちを優先できるようになってきます。

私が選んだ方法

私は、
「どこに転職しても同じなんじゃないか?」
「会社員以外の働き方はないのか…」
と悩んだことで、副業を探し始めました。

かなり遠回りして、
最後に出会ったのが

「仕組み」のビジネスでした。

会社員じゃないのに稼いでる人って、
才能があって、運ももってて、頭がいい。
そんな一握りの人だと思ってました。

でも知れば知るほど、
どうやら努力の世界らしいって
だんだんわかってきて。

実は才能なんていらなくて。
正しい知識の取得と
努力を重ねることが大事だったんです。

それでも、
ネットって周期が早いから
「今から始めても失敗するに決まってる」
って勝手に思い込んでました。

それに私は田舎者だし、非正規だし、30代だし…
って不安がどんどん出てきて…

でも
その不安以上に、
今の生活も、転職活動も、怖かった
だから、藁をもつかむ思いでした。

まずは無料のレポートなどで学んで、
その後勢いで教材を買って、勉強しました。

資格試験の教材でも渋ってた私が、
勢いで買っちゃうなんて…

正直、怖かったです。

でも、これから学ぶことは
一生使える知識だという確信がありました。

知識により自信がついたことで、
考える
→イメージする
→ちょっと手を出してみる…
と、
勇気が出せるようになりました。

そればかりか、
学んでコツコツ積み上げていくうちに、
考え方が自立的になってきたと感じます。

他人に依存しないという
自立的な考えを持つことで、
他人よりも自分を優先できるようになりました。

そうしたら、
私みたいに悩んでる人が見えてきたんです。

普通に学校に通って、就職もした。
でも、実際はギリギリの毎日で。
それを見えないように頑張って。
「なんで私ってこうなんだろう」って悩んでいるのが
私だけじゃないってことに気がついたんです。

こうしてブログやメルマガを読んでくれる人がいる。
共感してくれる人がいる。
メールで「私もです!」って言われると、
繋がってることが実感できて。

だんだん
「この人のために私ができることはないのかな?」
と、考えるようになりました。

私のように、
自分を肯定されない場所にいる人の力になりたい。

自信を取り戻して貰いたいんです

自分で稼ぐ力を身に着けて、
経済的に自立して、

自分を否定するほどのストレスから解放されて
しあわせに向かえる人を増やしたい。

人生の主人公は自分だけ。

そう感じてもらうために、
私が学んだ情報を発信しています。

と言うとすごそうですが…
実は私の副業は、
何年も触ってない
年代物のノートパソコンを取り出して

「動くかな?」ってところからスタートしました。

SNSなんか、できる気がしなかった…。
なのに、こうしてワードプレスでブログ書いてるし、
メルマガまで送ってるなんて…
なんか、嘘みたいですよね。

パソコンの知識さえなかった私も
学ぶことで、こうして形にできてるんです。

最初は、知識ゼロで当然!
ちゃんと知ってる人に本質を学んで、
素直に吸収して実践して、
コツコツ積み重ねていくと
人間って変われちゃうんですね。

実は
私たちの人生って、限られてるんですよ。

60歳になったらしたいことしようって思っても、
非正規は退職金もないから、
働き続ける可能性もあるし…

でも、
少しでも早いうちに集中してがんばったら
あとで楽することができますよね。

なので、ちょっと勇気をだして、
やりたいことのできる人生を目指してみませんか?

メルマガでは、
外向型の世界で失った自己肯定感を取り戻しながら
ビジネスのスキルや思考について具体的に書いています。

内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートを、無料でプレゼントしています。

ぜひ気軽に登録してみてくださいね。
無料ですし、いつでも解除できますので^^

↓のリンクで、
もっと詳しいメルマガの内容をのぞけるので、
ぜひ見てみてくださいね!

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました