寺山修司『ポケットに名言を』―言葉を友人に持ちたいー

内向型のあなたへ

こんにちは、蒼井うみです。

今回は私が愛する作家、寺山修司の
『ポケットに名言を』を紹介します。

  • 悩んでいる人
  • 落ち込んでいる人
  • 自己啓発本が苦手な人
  • でも心がなにかを求めてる人

こんな方にお勧めです。

決まりなんてない

私はこの本の良さを、
なんと表現していいかわかりません。

  • やさしい、でもない
  • かわいい、でもない
  • 挑戦的、ばかりでもない
  • 絶望的、ばかりでもない
  • 虚無感、ばかりでもない

やさしく導いてくれる本なんかじゃありません。
けど、悩んでる人にはおススメしたい。

この本の読み方は、とっても自由です。
「こうしたらいいよ」なんて言われることもない。

こころが疲れたときや悩んでいる時、
癒してくれるかは…わかりません。
むしろ刺されるかもしれません。

でも、
社会を騒がせてばかりいた寺山修司が選ぶ言葉は
「しなければいけない」社会に生きる
私達の心を軽くしてくれるはずです。

型破りな名言集

言葉を友人に持ちたいと思うことがある。
それは、旅路の途中で自分が
たった一人だと言うことに気がついたときにである

から始まるこの本は、名言集です。

普段から「名言集」を愛読する人には、
もしかしたらおススメできないかもしれません。
理由は、出版しているKADOKAWAの紹介文にあります。

Tシャツでも着るように、
名言をもっと気楽に自分のものにしよう!

世に名言・格言集の類は数多いけれど、
これほど型破りな名言集はきっとない。
歌謡曲から映画の名セリフ。
思い出に過ぎない言葉が、
ときに世界と釣り合うことさえあることを示す
型破りな箴言集。

(引用:KADOKAWA公式サイトhttps://www.kadokawa.co.jp/product/200409000121/)

ユニクロのTシャツでも着るように
高尚な名言集のイメージは早々に捨て去って!
「名言集は言葉の脈略がないため本当の意味もわからない」
なんて意見も、この名言集の前では役に立ちません。

だって作者があとがきで言ってるんです。

思想家の軌跡などを一切無視して、一句だけとり出して、
ガムでも噛むように「名言」を嚙みしめる。
その反復の中で、意味は無化され、
理性支配の社会と死との呪縛から解放されるような
一時的な陶酔を味わう。

脈略なんか一切無視して
ドストエフスキーやマルクス、
織田信長や太宰治、
そして映画や歌謡曲や聖書…
どこからでも引っ張ってきて、
ガムみたいに噛んで陶酔してしまえばいいなんて
とんでもないことを言ってる名言集!

入院中もドクターストップがかかるほど本を読み、
「言葉の魔術師」と呼ばれた寺山修司が
探し出してきた名言たちは、
クセだらけで、
エグくて、
不条理で、
絶望で、
虚無で、
美しい。

虚構と現実のはざまにいるような
常識なんてバカらしくなるような
寺山修司の世界の原型があります。

探し出してきた名言たち

探し出してきた名言は
もちろんたくさんあるのですが、
ここでは今の私に刺さった3つだけ、引用しますね。

人間は、鏡をもって生まれてくるのではなく、
また、われはわれなりという
フィヒテ的哲学者としてうまれてくるのでもないから、
人間はまず他の人間という鏡に自分を映してみる。
(カール・マルクス「資本論」)

貞淑とは情熱の怠惰である。
(ラ・ロシュフコォ伯爵「箴言」)

蟹のうちには自分に食いついている
その寄生虫を喰って生きているやつもある、
自分のやっていることにちっともきづかずになァ。
(アンドレ・マルロオ「王道」)

私は、この3冊は
どれも読んだことがありません。

でも、ゾクっとしました。
なんて皮肉だろう!

私達の常識って、感情って、
知らないって、なんてこわいんだ!って。

でも…
ちゃんと読んでる人は
「そういう意味の文章じゃないよ」
って言うと思う。笑

でも、きっといいんです。
切り取られた部分だけを見て、
何かを感じられたら、それで。

きっと、あなたの状況、感情によって
感じ方は都度変わるでしょう。

私も、以前読んだときは
この3つは特に心に残りませんでした。
正直、記憶にも残ってなかった。

そんなんでいい。
内容すら知らない名言を
気軽に自分のものにしちゃえばいい。

理由なんてなくていい。
きっと「なんかかっこいい」くらいでいいんです。

気軽に寄り添って、
友人にしちゃったらいいんです。

言葉を処方訓に

寺山自身、
自由に名言を着こなしています。

学生だった私にとっての、最初の「名言」は、井伏鱒二の
花に嵐のたとえもあるさ
さよならだけが人生だ
という詩であった。

私はこの詩を口ずさむことで、
私自身のクライシス・モメントを
何度のりこえたか知れやしなかった。
「さよならだけが人生だ」という言葉は、言わば私の処世訓である。

国語の授業なら「無常を表している」と
説明されるような詩が、
寺山にとっては
既成概念などとさよならするための
処世訓になっているんです。

学生時代の私にとっての処世訓は、
まさに寺山修司でした。

特に好きな言葉は、
『ポケットに名言を』にも載っている

なみだは人間の作るいちばん小さな海です

という可愛らしい言葉。
(もともとはアンデルセンの言葉らしい。笑)

切なくて、儚くて、美しくて。

どんなに汚く見える行動や感情も
原型は純粋な気持ちだったに違いない。
それがどんなにねじ曲がっていても、
その人の純粋な気持ちには違いない。

という、
大らかなんだか皮肉なんだかわからないけど
「人間ってこんなもの」って
悟りみたいな気持ちになれるんです。笑

この言葉は私の秘密基地でもあります。

(★この秘密基地です↓)

寺山修司の言葉

最後には、寺山自身の言葉も載っています。
こちらも、3つだけ。

歴史は嘘、去ってゆくものはみんな嘘、そして
あした来る、鬼だけがほんと!

明日何が起こるかわかってしまったら、
明日まで生きるたのしみがなくなってしまうことだろう

私は私自身の記録である

こんな言葉たちが
中高生だった私の世界を崩壊させて
人間関係でも何でも破壊していく
クラッシャーな私が作られていきました。笑

寺山の言葉たちは、
汚いのに美しい。
可愛いのに恐ろしい。
虚構と現実の見分けがつかない。

そんなものがたくさんあります。

きっとあなたの常識にも
疑問を投げつけて去っていくことでしょう。笑

さいごに

寺山修司は
今の時代に生きていたら
世の中をひっかき回してたでしょうね。
常識なんてどんどん覆しまくって
でも最新技術や考え方は受け入れて
さらに新しい解釈・行動を起こしまくる。

そんな寺山を作ってきた名言たち。
やっぱり一筋縄ではいきません。

私は最初に

  • 悩んでいる人
  • 落ち込んでいる人
  • 自己啓発本が苦手な人
  • でも心がなにかを求めてる人

におススメしました。

元気がない時って、
キレイゴトなんて耳に入らなくないですか?

だから、そんな人に読んで欲しいなって、思ってます。
あなたに寄り添ってくれる
友人にしたい言葉が見つかると嬉しいです!

★もっと確実に優しい本はこちら↓
かなしくなったときに顔をあげるヒント | あおいうみの本棚

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました