内向型の仕事選び!秘められた能力・向いてる仕事を紹介します!

内向型・外向型ってなに?

こんにちは、蒼井うみです。

今回は、いよいよ
みなさんお待ちかねの!
内向型の秘められた能力、
それにより向いてる仕事をお伝えしますね^^

・人間関係から逃げたい
・転職を繰り返してしまう自分がイヤ

・自分に合う仕事なんかあるんだろうか?

こんな風に仕事選びがうまくいかなくて
自分を責めてしまっている人
絶対!絶対読んで欲しい記事です!!

内向型ってどんな人?

ちょっとだけおさらいしましょう。

「内向型」と言うのは、
外からの刺激に弱い人、高反応を示す人のこと。
考えるのが好きで、
びっくりした時には身体が動かなくなっちゃう。
身体よりも頭がよく働きます。
外向型は全く逆で、外からの刺激に強い人
未知のもの、はじめてのものを見ても動じない。
むしろその刺激を常に求めている。
そして驚いたら、弾かれたように身体が動く!
自分の外側の刺激を求め続けてる!

でしたね。

そう、もう答えは出ています。

(内向型を詳しく知りたい方はこちら)

内向型の能力

内向型の人には、考える力があります。

外からは見えないけど、
頭の中で、自分の世界で、
いろんなことを考えます。

その考え方は、独創的
アーティスティックだったり、緻密だったり。
1つのことを「研究」レベル
考えることもあるので、
オタク的でもありますね。

その独創性を助けるのは、集中力と、1人の時間です。

考えるための集中力

内向型の集中力って、ほんとにすごくて。

私もそうなんですが、
没頭しだすと5、6時間なんて
あっという間に過ぎてしまいます。

これは内向型の脳内物質が、
身体を寝ている時みたいな状態にする
からなんです。

夢で歩いていても、
身体って動かないじゃないですか。
寝てる間はおなかも減らないし
トイレにも行かなくなります。
でも、起きた途端、全部やってきますよね。

集中してる時も同じで、
身体の機能を抑制して、
食欲などを感じなくするんですよ。

もしかしたら、
これを読んでる内向型のあなたは
「そんなの当たり前じゃん」
なんて思うかもしれない。

なぜって、私もそうだから。

映画に没頭すれば買ったジュースに
一口も口をつけずに終わったり、

漫画や小説に没頭すると
ご飯も食べずトイレも行かず
1日が経過しちゃうこともよくあります。

だから、思ってました。
「そんなの当たり前じゃん」って。
「集中したら誰でもそうなるよ」って。

ところが、
ここまで集中できるのって、
内向型の特性だったんです。
いわば、才能です!

独創性を助ける1人の時間

そこまで深く集中できる内向型。

なので、
途中で邪魔されると
めちゃくちゃイライラするんですよね。笑

せっかく思考の海を
気持ちよくさまよっていたのに、
急に外の世界に連れ出されるんだから!

だから、
自分のペースが全くつかめない職場環境だと
苦しくなってしまうんです。

考えるために、集中するために。
そして、
そこまで働く脳をリラックスさせるために。
1人の時間は、内向型には必要不可欠なのです。

向いてる職業

こんなに深く考えられる内向型なので、
アーティストとか作家とか科学者とか、
考える&集中力が必要な作業が多い人たちは
内向型の可能性が高いです。

実際、
・アインシュタイン
・ビル・ゲイツ
・オードリー・ヘップバーン
・エマ・ワトソン
も内向型!

「すごい才能があったんでしょ」と
思うかもしれませんが、
その才能だって、
「集中して考える力」を発揮することで
開花させているんです。

それだけ、
私たちの持つ、
考える力と集中力は武器になるんですよー!

考える力×集中力を活かす仕事

考える仕事で、
集中力を保てる(邪魔されない)仕事
内向型には向いています。

内向型を活かす条件
・考える→時間・状況の確保ができる
・邪魔されない→まわりに人が少ない

そして

・興味がある←じゃないと集中力が発揮しきれない

・他人に強要されない←内向型は自分の基準を持ってる
・考えた結果を形にできる←自分が納得することが超大事!!
(個人差はあります)

そう考えると、やっぱり私たちには
即効性や協調性などの
外向性を《求められる》仕事や職場は向いてないんです。

現代の理想と現実

現代の社会では、
「問題解決能力」が必要なんて言われます。
これを聞いた時に私はとても喜びました。
「これこそ、内向型の得意分野!ついに内向型の時代!」
って!

でも…実際の職場では
(内向型の武器を使って考えた)企画を提案しても、
上司が「面倒」と判断すると許可がおりません。

許可がおりないと、
1歩も踏み出すことができないんです。

そして、結局求められるのは
仕事よりもコミュニケーション能力。

こうして内向型さんは
「じゃあ、私要らないじゃん…」
って思い始めちゃう…。

もったいないですよね…
完全に宝の持ち腐れ!

内向型×コンテンツビジネス

その宝を活かすお仕事として
私が辿り着いたのが
コンテンツビジネスです。

コンテンツビジネスとは、
その名のとおり、
自分でコンテンツを作って販売するビジネスです。

私の場合だと、こういうものですね。

なぜこのビジネスが向いてるのかというと、
内向型を活かせない環境を排除して、
能力を発揮することが可能だからです!

コンテンツビジネスが向いてる理由!
・1人で集中して作業できる
・興味のあることをコンテンツにできる
・自分が作りたいものを作ることができる

しかも

・「お試し」ができる
・ちょっとずつ始めていくことができる

内向型って、
考えることが得意なので、自制心が高めです。

なので、外向型さんに比べて
新しいものに飛びついたり、
いきなりチャレンジする!
みたいな無茶なことはしません。

よくよく考えて行動するから、
石橋を叩きすぎて壊しちゃう人もしばしば。

そうして
なかなかチャレンジできない自分を
悲観的に捉える内向型さんがとても多い。
でも、それって
外向型さんと比べるから
そう思っちゃうだけなんですよ!

だって、確認することって、
ダメなことじゃなくないですか?
確認したことで安心できるなら、
それは必要な行動です!

でも、
会社で提案した企画は一度動き出すと
確認したり試行錯誤しながらと進めることを
許されない場合もあります。

そんな時は、怖くて怖くてたまりません。
一度そんな経験をしてしまうと、
もう企画の提案なんてできなくなってしまうかも…。

でも、自分のビジネスなら
「ちょっとだけ試してみよう」が、自由にできます。

「不安だから、ちょっとずつ進めて行こう」も、
もちろんできます。

こうして納得しながら進むと、内向型さんは
安心して作業に取り組むことができるんです。

詳しい内容はメルマガで読めるので、
よかったら登録してみてくださいね^^
(なんでコンテンツビジネスがいいのかも
もっと詳しく紹介してます!)

蒼井うみのメルマガ

まとめ

長くなってしまったので、まとめますね。

・内向型の能力は考える力×集中力
・仕事に活かすためには条件がある
・会社で活かすのは難しい
・コンテンツビジネスなら条件に合ってる

この内容は、
実はメルマガでお伝えしようと思ってました。

ですが、
「転職繰り返してツラい」
「また会社合わない」
「自分は人間と合わないんだ」
と、自分を責めている内向型さんが
あまりにも多いので、

「そうじゃないんだよ!」
ってことを知って欲しくて
たくさん見てもらえるブログ記事にしました。

知識を得ることで安心できるって、
あると思うんですよね。

少なくとも、私はラクになりました。

それでもどうにもならないこともありますが、
自分が自分を否定するという最悪な状況を
減らすことができました。

知ることで、今まで
「なんで私はみんなと違うの?」
「私って要らない人間」
って自分を責めていたことは
「自分のせいじゃなかったんだ」
って思うことができたんですね。

だって私たち、
外向型の社会の中で
「外向型にならないと」って
焦りながら生きてきたんです。

合わない場所で息をしていたんだから、
生きづらいのは当然だったんですよ。

だったら、
内向型だって内向型に合った
場所で生きたらいい。

そのために
知ることから始めるのは
必要なことだと思ったんです。

今よりも自分を許して
心地よく生きていける未来のために。

私のように、
自分を責めちゃう人がちょっとでもラクになって、
《自分のフィールド》を持って生きていけたら
と、心から願っています。

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました