内向型の後天的な性格を、外向型になる・克服することはできるの?

内向型・外向型ってなに?

こんにちは、蒼井うみです。

前回の記事では
内気・人見知り・心配性など…
これらは過去の経験・体験によって
手にする性格だとお伝えしました。

…と、いうことはですよ?

先天的な部分は遺伝子の問題だから
変えることはできないけれど
後天的な性格は変えることができるの?
内向型さんでも外向型になることはできるの?
と、思った方もいるはず。

・内向型が外向型になることはできるの?
・内気や人見知りは克服できるの?
・どうしたら変われるの?

という方に、ぜひ読んでいただきたいです!

変えることは可能?

実はこの性格、
ある程度までは、改善することができます。

1つの苦手に特化して
「人見知りを直す」
「スピーチがうまくなる」
ための練習を重ねることで、
得意にすることは可能なのだそうです。

努力ができれば可能!

私は、(今思えばですが)
営業の仕事に特化した時に
(仕事の時限定で)
人見知りをちょっとだけ克服しました。

人見知りなのに
他人様のお宅にピンポンして、
商品案内をするという仕事。

最初はイヤでイヤでたまりませんでした。

でも今は、(仕事であれば)
初対面の人と会話をすること自体は
昔よりできるようになりました。

むしろ初めての人がいる場所には
「蒼井さん来てよ」って言われるくらいに。

こう言うと、
「意外と向いてたのでは?」
と思うかもしれませんが

もちろんそんなことはないんです。

知らない人を前にすると
頭の中がパニックになって、
結局何も言えないし覚えてもないのが
私の常だったんです。

子どもの頃から
「何て答えるのが正解なんだろう」
「今の返答は違ったんだ!」って、
ずっと他人の顔色を伺ってました。
怖くて仕方なかったです。

でも、仕事だから、
ピンポンするしかなかった。
留守だったら安心して。
でも、あとで電話するのがまた怖くて。

こなすうちにわかってきたのは、
「会社の名前」を背負って訪問する私には
みんな、とりあえずドアを開けてくれること。

お客さん自身が「会社」と取引をしているから
「会社」の分身みたいな私
拒否することはなかったんです。

ホッ…としたのもつかの間
「じゃあ、私である意味ってなんだ?」
「私が担当なのに、
覚えてもらえないの哀しくない?」
と思ったことをきっかけに
(あまり前向きではなかったけれど)
お客さんとお話していく練習を始めました。

といっても、やっぱり
失敗することの方が多かったです。
「これを話さなくちゃ」って思いすぎて
会話がスムーズに繋がらなかったり、
お客さんも人見知りだと警戒されたり。

でも、繰り返すうちに
次第にコツを身に着けていきました。

まずはお客さんの近況を聞くだとか
そのための材料を探す方法とか。

次第に「私」を視界に入れてくれて、
お茶を入れてくれたり、
お菓子を用意してくれるお客様もいました。

こんな感じで、
まぁ…それを覚えたり見つけるのに
苦しい思いはしますけど…!

それでも、
努力によって克服していくことはできるんです。

100→70くらいでいい。

まるで完全克服したかのように
見えたかもしれませんが、
正直、心はまだちょっと無理をしてます。

でも、身に着けたテクニックは
確実に私の自信になっているんです
突然の場面が訪れても
まず何から話すか、
なにをチェックするべきか、
知っているから、
少し安心できるようになりました。

と、いっても…
思い出すだけで消えたくなるような、
そんな気持ちはたまにやってきます。
(そんな時には
「私はテクニックを知ってるから大丈夫」
と言い聞かせられるようもなりましたが)

やっぱり、
染みついた性格を変えるのは
一筋縄ではいきません。

「恐怖」の感情は強いので、
完全に上書きするのは
かなり難しいのだと思います。

それでも、
今の状態を100としたなら、
70まで減らすことができるだけでも
生きやすくなるんじゃないかな?
と、私は思っています。

大切なのは受け入れられること

私たちは、ずっと
外向型になることを求められてきました。

それはつまり
内向型の自分のままでは
受け入れてもらえなかったということ。

尊重してもらうことができたら。
内省する自分をダメだと思わず
好きなだけ思考の海を漂う幸せを
感じられたかも
しれない。

自分と他人の意見が違うからと言って
「自分がおかしいんだ」と恐れることなく、
堂々と主張できたかもしれないんです。

そう考えて「自分は不幸だ」と
感じる内向型さんも少なくありません。

しかし私たちは
今だって、影響を受けやすい。

私が営業の仕事ができたのは、
内向型を受け入れてくれる環境だったからです。

最初に「営業」と聞いた時は恐怖でしたが、
メンバーが私を受け入れてくれました。

人見知りだって、
否定することなく、
アドバイスをくれたり
やたら褒めてくれました。

その結果、みんなからみて
「はじめての人がいる場にいて欲しい人」
になりました。

内心はバクバクでも
うまくいく経験を重ねるうちに、
感謝されるうちに、
自信もついてくるもので。

プライベートはまだまだですけど、
「仕事モード」なら、
なんとかこなせるようになりました。

逆に、
どんなに強い気持ちでいようとしても
職場でひどい言葉や扱いを受け続けたら
影響を受けてしまいませんか?

私は、病院に通うほどになりました。
私以上の人だって、たくさんいますよね。

大人になってからだって、
私たちは影響を受けまくってるんです。

私たちだからこそ見える世界

そんな私たちだからこそ、
見える世界ががあります。

私たち内向型は、
自分の発言をあとになってから
くよくよ気にすることも日常茶飯事。

影響を受けやすい内向型だから、
自分の言葉で相手を傷つけていないか、
不快な思いをさせていないか、
すごく考えてしまいます。

それはつまり、
言葉に責任を持っているということ。
そして、
相手の気持ちに寄り添えるということ。

内向型さんは、真面目で繊細。
そして、実は結構人が好き。

だから、
相手の気持ちが気になって仕方ないんですよね。

これは短所なんかじゃありません。
影響を受けやすく、
努力して挫折も経験した
内向型だからこそ見える世界です。

この世界を大切にしていきましょうね。

まとめ

私たちは、今でも環境の影響を受けやすい。
だから、環境をしっかり選んでいきましょう。

《受け入れて貰えるところで努力する》ことで
能力を伸ばすことができる
《苦手なことも100→70にする》ことで
今より生きやすくすることができる。

実は私、
Twitterも最初は何を呟けばいいのか、
まったくわかりませんでした。

世界に発信していると思うと、
いつどこでバレるのか
どんな問題が潜んでいるのか
怖くて仕方なかったです。
ビジネスをするための義務として始めました。

でも、今は
毎日思ったことをツイートしてます。

それは、
私を受け入れてくれる人が
たくさんたくさんいるからです!

そして、
大っ嫌いだった自分のことも
「うみさんのおかげで動けました!」
なんて言ってもらえることで
自分を甘えさせられるようになりました。

みなさんに出会えたことに、
本当に感謝しかないです!

どこでもいいんです。
ネット上でもいいんです。
自分を受け入れていもらえる場所で、
能力を伸ばしていきましょう^^

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

  1. D.S より:

    誰もいってくれないことを変わりにいってくれる記事でした!

    ぜひ他の人となんか違うと感じている人は読んでほしいですね(^^)

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました