内向型と外向型の違いが1番わかりやすいのはココ!【エネルギー編】

内向型・外向型ってなに?

こんにちは、蒼井うみです。

前回は、内向型・外向型の違いは
脳(遺伝子)に起因していること、

生きづらさを感じるのは
この社会が外向型向けにできているから
ということをお伝えしました。

前回の記事はこちら↓

今回は、
内向型・外向型の違いのひとつである
【エネルギー源】についてお伝えします。

遺伝子が、脳が、違うことによって
疲れやすさ、充電の仕方にまで違いがあるんです。

また一つ、自分を責める理由が消えますよ!!

前回の記事でも軽く触れましたが、
内向型は外の世界に触れること自体が刺激になって、
すぐに疲れてしまいます。

なぜ疲れてしまうのかというと、
刺激を受ける遺伝子が短くて、
刺激をあまり受け取ることができないから。

だから、
ある程度先天的なもので、
あまり変えられるものではないんですね。

そして実は、内向型と外向型の
違いが一番わかりやすいのが、エネルギー源なんです。

内向型
充電したエネルギーを保持するようにします。
いわばバッテリー型
外向型は、
エネルギーを消費することで充電するのです。
ソーラーパネルに例えられたりします。

きっと、
この記事を読んでくれている方は
内向型の方が多いでしょう。

外向型のエネルギーが
「充電なのに消費するってどういうこと…?」

って思いませんか?
私は思いましたよ!

外向型の充電方法

外向型の人の休日は
人と会って話したり、
イベントに参加したりと、
外の世界に触れることで充電されます。

休日のたびに精力的に出かけたり、
会社の人を誘ってバーベキューしたり
大勢で家に集まったり。

そんな人たちを見て
内向型の私は「よく疲れないな…」って
思ってたんですけど、
発想が逆だったんですよ!

外向型の人たちは、
そうして動くことによって
エネルギーを得ていたんです。

むしろ、
リフレッシュするための手段だったんです!

内向型の充電方法

内向型の人の休日は
「騒がしいところに行かず、家でゆっくりしたい」
など、1人で心地よく過ごすことで充電されます。

内向型は、普段
人混みや職場にいるだけで、
ストレスを感じてエネルギーを消耗しています。

なので、1人の時間を作ることで
自分の頭の中でエネルギーをチャージするんです。

自分の頭の中というのは、
思考やアイデアや感情やイメージなんかです。

気に入った漫画を何度も読んだり、
今日の体験を反芻したり。

まわりから見たら
休んでいる状態にしか見えないけど、
外向型の人が思ってるよりも私たちは
ゆっくりじっくり自分の世界に浸って、満足する。
そうして充電しているんです。

正反対の内向型と外向型

「あの人とはタイプが違う」
って感じる人、いませんか?

私は、
「なんでそんなに大人数の飲み会やりたいの?」
と思ってる人がいました。
「私を巻き込まず、気が合う人で好きに飲んでくれよ…」
って、うんざりしてたんです…。

でも、こういうことだったんですよ。

その人は外向型で、
みんなとお喋りして、
刺激をたっくさん受けたい人だったんです。
それで仕事のストレスをまじで発散してたんですよ!

だから本当に、言葉のまま、
内向型の私とは【タイプが違った】んですね。

それは、どっちが良いでも悪いでもない。

私たち内向型が
大人数のキャンプやパーティーが苦手なように、

外向型の人たちにとっては、
リラックスして体を休めることが難しいことなんです。

外向型は現代に向いてる

実はこの充電方法にも、
外向型が社会の中心になる理由があります。

もう、わかりますよね。
人とコミュニケーションをとったり、
行動することでエネルギーが充電される外向型。

コミュニケーション能力が評価される
この社会に、向いてるんです。

それに比べて内向型は、
コミュニケーションやアピールが苦手なので
「無口で、他人を拒絶している」
なんて印象を与えます。

しかも、
内向型はバッテリー型なので、
刺激を受ければ受けただけ
エネルギーを使ってしまうことになるし、
充電するにもかなりの時間がかかります。

なのに現代って、
とにかくエネルギッシュでスピーディー。

マルチタスクできた方が有利だし、
会議もガンガン設定されるし、
次から次へとアポが入ったりして…。

外向型さんなら、もしかしたら
やりがいを感じられるかもしれません。

でも、
内向型さんは最初は頑張ってついていけても、
急にバッテリー切れになる可能性が…。

自分のバッテリー残量を予測する

私はこのビジネスに出会う前、
副業迷子になってる時に
アドセンス&アフィリブログを立ち上げました。

見ず知らずの人にコンサルをお願いして
ネットで情報収集して、
記事を書いて、書いて、書いて…

もちろん、
仕事は週5日フルタイムでこなしながら。

コンサルをお願いして、
たしか1か月くらいで緊急事態宣言が出たと思います。

しかし私はエッセンシャルワーカー。
出勤はもちろん、
緊急事態宣言で在宅勤務になった人たちが
来店するから、仕事量はいつもの数倍。

この時点で、いつもより眠りたかった。
帰ったらソファでうとうとしたかった。

でも、
「今ってチャンスですよ」
「みんながスマホ見る時間増えてるから」
「今書かなきゃもったいないです!」
とメンターに励ましてもらって
「その通りだな」と思ったので、
夜中まで記事を書いていました。

GWも一日中作業に明け暮れました。

情報のシャワーを自ら浴びに行って、
自分の考え方なんて
全く期待されない記事を書きまくる日々。

気がついたら、急速に心が離れていました。

急に、パソコンに触れなくなったんですね。
目に入ることすら耐えられない。

そうして1日書かないで、
夜に7時間寝てみたら
ちょっと元気になって。

さらに1週間書かないで生活してみたら、
頭が軽くなりました。

今思えば、
完全に刺激のキャパオーバー。

特に合わなかったのが

・情報のシャワー(刺激が強い)
・とにかく記事数(ひたすら作業)
・脳を休める時間がない(充電できない)

これがとにかくツラかった!

でもこの時は
まさか脳の違いがあるなんて
思いもしなかったので

「なんで私は他の人みたいにできないんだろう」
「これじゃうまく行くわけないじゃん!」
って、むしろ自分を責めてました。

今も、Twitterでは
「作業作業作業!」って言葉が行き交ってますが
私は自分のエネルギー状態を一番にしています。

自分のエネルギー状態が安定しないと、
どんなに記事を書いても、
知識を入れたくても、
苦しくなってしまうから。

自分の持ってる力を発揮するためにも、
エネルギーを正しい位置に
キープする必要があります。

なにより、
今のビジネスはそこまで求められないのが
一番気楽なところです。

あなたはどっち派?

さて、ここまで読んでみて
あなたは、内向型・外向型
どちらのタイプっぽいですか?

今の働き方や家庭環境、友達関係などは、
そんな自分に合っていますか?

なんとなくでも、
自分のエネルギー状態や、
エネルギーの消費量を知るだけで、
ちょっと生きやすくなってきます。

たとえば、
「営業活動には
これくらいのエネルギーを使ってしまう」
「一人の事務仕事ならそんなに消耗しない」
「疲れたらお茶を持って5分だけ外に出る」とか。

自分のエネルギーの消耗の仕方や、
ちょっとした戻し方を知っておくと
自分を理解して、
コントロールできてる感覚が生まれるんですね。

その感覚がついてくると
底なしにネガティブになることを
防ぐことができます。

戻す時には、
秘密基地も活用していきましょうね!

★秘密基地の記事↓

まとめ

ちょっと話がズレたのでまとめますね。

内向型・外向型の違いがわかりやすいのが
エネルギーの充電方法。

内向型の休日は、低刺激。
マイペースに自分の頭の中の世界に浸って、
エネルギーを蓄える。
外向型の休日は、高刺激。
誰かに合ったりイベントに参加したりと
外の世界に触れることでエネルギーを蓄える。

内向型は充電に時間がかかるし放出が早いので
現代の生活はちょっと大変だけど、
自分のエネルギー量を把握することで
コントロールできるようになってきます。

自分の身体のエネルギー残量を
意識して生活してみましょう。

「なんでこんなに疲れてるんだっけ?」
「なんでこんなに動けるんだっけ?」

すぐに把握することはできないけれど、
「私は通勤電車が苦手なんだ」とか
「このお店の音楽がうるさく感じているかも」
なんて、ちょっとずつわかっていくだけでも、
対策したり、工夫しだいでラクになることもあります。

「なんだかわかんないけど疲れる」状態が
減っていくんです。

疲れやすいのは
あなたがダメなんじゃなくて、
脳の特性。

ちょっとずつ、自分を受け入れていきましょう^^

メルマガでは、内向型の人が
外向型の社会で生き抜くパターンや
内向型あるあるなどをまとめたレポートもプレゼントしています。

よろしければ、のぞいてみてくださいね!

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました