【仕事体験記】4種の雇用形態から学んだ日本の実態

これまでの私の働き方

こんにちは!蒼井うみです。

最近、雇用形態による待遇の違いが
なにかと話題になっています。

考えてみたら私、
今まで4種の雇用形態を経験していたんですよ。

私の経験を通して、
雇用形態によって
どんなメリットやデメリット、
そして不安があったのかなど、
振り返ってみたいと思います。

私の主観100%なので、
ゆったり読んでいただけたら嬉しいです^^

あおいうみの今までの雇用形態

振り返ってみたら、
結構いろいろ経験してたんだなぁって思いました。笑

◆学生時代:アルバイト(1年)
  ↓
□新卒:正社員(1年半)
  ↓
◆短期アルバイト(7日間)
  ↓
◆短期アルバイト(2.5か月)
  ↓
◆短期アルバイト(1か月)
  ↓
〇派遣(5年)
  ↓
●契約社員(継続中)

経験したのは

  • 正社員
  • アルバイト
  • 派遣社員
  • 契約社員

の4形態です。
雇用形態ごとに、振り返っていきますね

正社員

正社員がやっぱり一番安定していましたね。
一番稼げたけど、プレッシャーはありました。
ブラックぶりに耐えられず
退職の道を選んでしまいましたが、

・固定給
・ボーナス支給
・健康保険に加入
・厚生年金
・福利厚生が利用できる

これってすごいことだったんだなって、今なら思います。
長期雇用を前提としているので、
福利厚生など、生活を助ける制度が利用できます。

その代わり

・突然の転勤・異動
・業務の線引きがない
・基本給はなかなか増えない
・業務と責任はどんどん増える
・天引きが多い

というデメリット。
正社員は出された仕事をとにかくこなさなきゃいけない。
苦手な仕事でも、
行きたくない場所でも、
異動しなきゃいけない…。
これが正規・非正規を選択する
指標になることも少なくないですよね。

アルバイト

一番稼げないけど、一番気楽でした。

私は運がよかったので
土地の最低賃金よりは
多い時給で働いていたので、文句はありませんでした。
(今振り返れば安すぎたな、と思いますが…)

ただ、正社員を経験してからのアルバイトは
なんの保証もない不安がありました。

社会人になってからのアルバイトは
短期バイトを選んで
「その短い期間をのりきれば次こそ!」
という気持ちがあったので乗り切れただけで。
時給だから、自分の身体を使うしかないんです。
正社員も一緒のように感じますが、
時給のアルバイトは、体調不良で休んだら
その分お給料が減ってしまいます。
正社員のように有休が使えればいいのですが…
つまり、自分が身体を壊したら終わりなんですよね。

・時給
・有給休暇がない
・健康保険も加入できない
・厚生年金も利用できない

ひたすら守られてないって感じですよね。
そのかわり

・自由にシフトを組める
・働いたら働いた分のお給料が貰える
・プレッシャーがない
・転勤の心配がない

このへんが、気軽に働ける理由です。

派遣社員

派遣社員って、ちょっと特殊ですよね。
職場にいるんだけど、
職場の仲間なんだけど、
でも会社の人ではないっていう、
ちょっと変わった立ち位置。

これによって苦しむ人も多くありません。
派遣さん自身がその形態に悩むこともあれば、
職場の人たちがその特殊さを
受け入れられない場合もあります。
行ってみたら聞いていた仕事内容じゃなかった、
なんて話も聞きますよね。

私が経験したのは1社だけでしたが、
その特殊な立場を通して、
職場を客観的に見ることができるようになりました。

時給は相場を知らなかったのですが、
派遣としては少なかったようです。
それでも、アルバイト時代と比べると破格でした。

・派遣会社の健康保険に加入できる
・有給休暇がとれる
・厚生年金に加入できる
・転勤がない
・定期的に派遣会社のヒアリングがある

アルバイトを経験してから派遣社員になったので、
これはかなり安心感がありました。
派遣会社の担当さんともうまくいっていたので、
不便がないかの聞き取りもありがたかったです。

でも、長く務めるうちにだんだん

・時給が変わらない
(交渉できるらしいことを知りませんでした)
・いつ契約が切られるかわからない
・結局部外者

この辺が、たまに気になりました。
「突然切られるかも」っていう不安は結構重いです…。

契約社員

※以下の内容はわたしの場合で、
契約社員の待遇については会社によって大きく違います。
あくまでも参考程度に見てみてください。

私は現在、契約社員です。
非正規の中では一番待遇がよくて、
正社員からお給料と福利厚生をマイナスしたって感覚です。
ここで初めて、非正規雇用だけど固定給になりました!
GWが嬉しかったのは久しぶりでした。

・固定給
・会社の健康保険に加入
・厚生年金に加入
・有給休暇がある

これがそろってるの本当に嬉しかったです。

しかし代わりにやってきたのは

・限定地域の転勤・異動
・営業の数字目標(という名のノルマ)
・仕事の失敗は自己責任
・給与天引き
・福利厚生はほんの一部だけ

でした。

管理職になったりするプレッシャーはないんですけど、
失敗した時は、
正社員より守ってもらえないというのが現実
です。
こういうところに、哀しさは感じます。
非正規の中では待遇がいいんですけど、
「やっぱり正社員とは違うよね…」って実感しますね。

まとめ

以上が、私がそれぞれの形態の時に思っていたことです。

どれも一長一短あって、「なんだかなー」って
思ったんじゃないかと思うんですけど^^;
結局「会社」っていう場所に所属してるから、
上とかその場に合わせるしかないんですよね。
他人の箱庭で働かせてもらってるから、
箱の中からじゃなにも言えないです…。

でも、私たち
どんな雇用形態だってがんばってるじゃないですか?
アルバイトだって体調崩すことだってあるし
正社員だって、気に入った土地から離れたくないって
思ったって全然おかしいことじゃないんですよ。

会社を中心にしちゃうと、
なんだか自分が、
自分の気持ちが、
見えなくなっちゃったりするんですよね。

でもそんなの、もったいないし、おかしいんですよ。
だってあなたの人生なんですもん。
あなたの気持ちは、もっと大事にしていいはずなんです。

だからこそ、
会社に依存せずに自分の軸を持って生きていくっていうのは
雇用形態が増えた今だからこそ、
考える時なんじゃないかなって思います。

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました