頑張っても報われない人へ…7つの解決方法をお伝えします!

働き方の悩み解決

「がんばってもがんばっても評価されない」
「努力してるのに他の人みたいに幸せになれない」

こんなこと、思ったりしませんか?

私は社会人になってから、10年ほど思ってました。

自分の時間を使って勉強しても、
その時間遊んでた人に教えることになって、
その人は私よりも能力があるから
結果、その人が評価される。

どんなに仕事をこなしても、
定時に帰ると暇人扱い。

仕事ができなくても
コミュニケーション能力があれば
どんどん昇進していけるんだなぁと、
どんどんモヤモヤが増えていきました。

そこで今回は
・頑張ってるのに報われない理由
・解決するための行動
についてお伝えします。

この記事を読むと、
「頑張ってるのに報われない」という
モヤモヤを消すことができますよ~!

「頑張っても報われない」場面と理由

解決方法を探す前に。

まずは、私たちが
「がんばっても報われない…」と感じる場面を振り返って、
・どんな時にどんなことを
・どうしてそう感じるのか
理由を考えてみましょう!

私のTwitterやメルマガに寄せられる声で
多いものを3つ選んでみました。

「頑張っても報われない」場面3選

①自分より仕事してない人の方が評価される
②お給料が変わらない(昇進できない)
③努力見合った結果が出ない

「頑張っても報われない」理由

①自分より仕事してない人の方が評価される

◆完璧主義になってる
内向型さんには完璧主義が多いです。
求められてる合格ライン以上を
自分に課している状態です。
◆成果のアピールをしていない
自分の成果って、仲がいい人を前にしても
「自慢話になりそう」って思いがち…。
上司ならもっと言いにくいですよね。
②お給料が変わらない
◆会社の制度の問題
残業代は貰えるけれど、
「基本給」ってなかなか上がりません。
資格を取っても、成果をあげても、
お給料に反映されない企業も少なくありません。
◆雇用形態が非正規
非正規社員も、
年々仕事と責任が増えていきます。
でも、お給料や待遇がよくなることは稀ですよね。
③努力に見合った結果が出ない
◆努力の方向を間違えている
例えば、パソコンとコピー機が得意な人。
得意なレイアウトにこだわって、
誰より綺麗な仕上がりに!
でも…上司に期待されていたのは
レイアウトじゃなくて提案書の中身だった。
これでは結果が出ないですよね。
◆そもそも解決できない問題に挑んでる
残念ながら、私たち個人には
どうにもできない問題がたくさんあります
・会社の制度・風土を変える
例えば年功序列や出身校重要視の風土
・上司から嫌われている
相手を変えることは不可能
・社会の常識
政治を変えて、変わる可能性があるかも?
程度のことを、個人でやるのはハードル高すぎ!

7つの解決方法

①完璧主義を崩してみる

完璧主義の人って、
ほとんど自覚がないんです!!

だから「自分は当てはまらない」と思った人。
そんな人ほど、意識してみてください。

あなたにその仕事を頼んだ人は、
あなたが思うほどの高レベルを求めてなかったりします。

あなたの目標が100%なら
求められてるのは30%の時もあります。

完璧主義を崩すと、70%捨てるので
効率化できたり、時間が短縮できたりします。

②成果を見えるようにする

「こんなにがんばってるのに、なんで見てくれないんだろう」
なんて受け身な感覚は、厳禁です。

基本、人間は他人を見ていません。
あなたは職場や家庭で、全員の努力が見えますか?
かなり観察しないと、難しいですよね。

子どもの頃のように
「今日はこんなことがあって嬉しかった!」
「この数字は努力の成果です!」と、
素直に口に出してみましょう。

嫉妬する人の前で言う必要はありません。
結果嫉妬されたとしても、頑張ったのは事実。
自信を持って公言しましょう!

③うまくいってる人の理由を探る

「自分にはできない…」と思ってることが
うまいことできてる人もいる。

だったら、うまくいってる人が
どんなことをしているのか知りましょう。
そして、今の自分との違いを探しましょう。

見つけたら、実践あるのみ!

失敗したらまた観察して、
違ったところをまた実践して。

うまくいってる人って、生ける資料です!
たくさん学ばせてもらいましょう。

④自分の力を過信しない

私たちって、意外と過信しちゃうんです。

今はできないことも
「時間さえあればできる」
「ちゃんと読めばできる」
なんて思うこと、ないですか?

けど、
その時間はいつできるの?
いつ、ちゃんと読めるの?

全部全部、あなた一人がやらなくて大丈夫。
むしろ、頼った方が質が上がることは多い。

そのために周りがいるし、サービスもあります。
自分に足りない技術や時間は、
得意な人や上手な人に頼って、
助け合っていきましょう。

⑤会社の制度を調べて、使う

あなたは、自分の会社の制度を知ってますか?

『会社』で仕事をしているのに、
制度を知らない人って結構多い。

知ることで、チャンスを見つけることもできます。

例えば…
・取ったらお給料が上がる資格と、
上がらない資格がある。
・年功序列でお給料の上がる額が決まってる。
・非正規でも正社員になれる制度がある。
ここにあげた3つは、私の会社の実際の制度。
でも、正社員もほどんど知りません。

知らなきゃ、もったいなくないですか!?
知って、そこに一点集中したら、
お給料あがる可能性が高くなりますよね!

⑥解決できない問題にはちがう道を模索

会社の方針を変えるには、社長になるといい。
社会を変えるには、
政治家になったり活動家になるといいかも?

…それって、ハードル高すぎませんか?

だったら、脇道がないか探してみましょう。

会社の方針を変えたいと思ったのは、
社会を変えたいと思ったのは、
どんな理想があったのか?

そこに行きつくための道は1つしかないのか?

一番変えやすいのは自分なので、
まずは自分の捉え方を変えてみるとか。
経験者の話を聞きに行くとか。
同士を探してみるとか。

上司に聞いてみるだけでも、
道が拓けることもありますよね。

できないことに時間を使うのはもったいない。
できることを考えていきましょう。

⑦いっそ環境を変える

どんなに頑張ってみても、
どうにもならない環境もあります。

会社の制度はあっても
肝心な上司が動いてくれないとか。
ブラックすぎて改善のしようがないとか。
なにをしても否定される環境だったりとか。

そんな場所で
「なにか抜け道があるはずだ!」
「頑張っていればそのうちいい方向に行くはず」
と頑張り続ける人もいるでしょう。

私も、そうでした。
でも、ダメでした。

蕁麻疹がでて、
胃腸炎になって、
眠れなくなって、
急性難聴になって。
ついに休職してしまいました。

改善しようと試みても変わらない場合は、
環境を変えることも選択肢に入れましょう。

「逃げる」ことは「負け」と捉えがちですけど
倒れてしまうと、
体力や精神力を戻すために
ものすごい時間と労力を要します。

逃げた先で、
今までの頑張りが実を結んだら…
それこそ、最高の「勝ち」じゃないですか?

他人の目でみた幸せよりも、
自分が心地いいと感じる場所を見つけましょう。

【ごめんなさい!メルマガお休み中】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました