同業者の消費者体験ってめちゃくちゃ学びになる

ビジネスに必要なリサーチ力

こんにちは、あおいうみです。

いきなりなんずが、私
営業時代、敵地に乗り込んだことがあるんですよ。笑
今日はその時のお話を書いていきます。
まったり読んでいただけたら嬉しいです^^

突然の配置替え

私が営業をやっていたことはたまに書いているんですけど、
それってめちゃくちゃ突然の異動だったんです。

それまで受付事務とか
事務処理系の仕事だったのに、

急に、ぽーんと
お客さんの家に行って、
数字を取ってくる係になったんですよ。

来店したお客さんには、
慣れた様子で説明して、
慣れた様子で数字取ってたので
慣れてるから外でもできるはずって
上司に思っていただいたようで。

でも、窓口って基本受け身なんですよ。

最初から

  • 説明を受けたい
  • 商品を買いたい

っていうお客さんを相手にしているんですよ。

だから、
「こっちから提案する営業は全然ちがうよ…!」
って内心思っていて。

お客さんの家の、
インターホンを押すのがめちゃくちゃ怖かったです。
留守だとわかると、ホッとしました。
でも、そのあと電話するのもドキドキして。

というのは、
お客さんって忙しいから、
アポなしの営業なんかにかまってられない
んですよ。

なのに、
望まれてもない提案とか、
説明とかしなくちゃいけない…。

その結果、
玄関先でも電話でも、
めっちゃ不機嫌になったり迷惑を隠さなかったりされて…。

「なんで営業なんてやってるんだろう…」

って思ってました。

ライバル会社のチラシ

それでも、
業務を遂行しなければと思っていた私は、
めちゃくちゃ本を買って勉強しました。

でも、なんだかうまくいかないんですね。

お客さんの顔色ばっかり窺ってしまって、
せっかく得た知識を生かすこともできません。

「やっぱり私は営業に向いてないのでは…」

って思ってた時、たまたまお客さんの家で
ライバル会社が開催する
《無料セミナーのチラシ》を見かけた
んです。

「(うっマジか!獲られる!)」
って思ったんですけど、笑

私の視線に気づいたお客さんが
「行く気ないけど、ポストに入ってたんだよ」
「よっぽど人が集まらないのかもねぇ」
って言って、なぜか私にそのチラシくれたんです。笑

「(え?つまり、誰でもいいの?)」
「(私でもいいの?)」
って思って、乗り込むことにしたんです。笑

ライバル会社、すごいわ。笑

結果からお伝えすると、
セミナーが始まる前から学びだらけで、
どんな本を読むよりも勉強になりました。

最初は、
「結局聞きたいお客さんが集まるのでは…」
って思ったんですけど、
本当に想定よりも人が少なかったのか…?
お付き合いで参加したような人もいたし、
ただの付き添いで来たような人もいました。
ノベルティ目当てかな~って人もいましたね。

それくらい、まずノベルティが大きかったんです。
「あれ?今治のタオルもあるのに、
厚手のエコバックも貰えて、タンブラー?扇子も?」

「え?飲み物も持って帰っていいの?」
「え?どうなってんの?すごくない?」

て、席についた時点で想像乗り越えてきたんですね。

衝撃を受けながら、
開始時間にはちょっと余裕があったので、
資料チラ見しながらだらだら過ごしてました。

すると
「今日はお休みですか?
貴重なお休みの日に、ありがとうございます」
って職員さんが、声をかけてきたんですよ。

私、めっちゃ人見知り&想定外すぎて、
めっちゃ不審者になったんですけど。笑
「今日聞きたいと思っていることありますか?」
とか聞いてくれるんです。

不審者なので「いや…えーと…」しか言えない私に^^;

「こういうのって聞いたことありますか?」
「〇〇と△△だと、どちらの方が気になります?」

とか、優しく誘導してくれるんですよね。
ライバル会社のお客さんは不審者が多いのか?って疑いましたよ。笑

職員は数人いたので、
みんなが同じように回って
ほぼ全員のお客さんに聞いていました。

嫌がるお客さんには
挨拶だけで終わらせていて、
お客さんの気持ちや空気を見る目も
ちゃんとしてるなーって感心しちゃいました。

そしてセミナーも

「あっこの順番で話を持ってくのか」
「すごい、これ言われたら買うしかなくなる」
「え?わたし買えないのかな?買いたいんだけど」

って、めっちゃ前のめりになってました。

乗り込んでおいて、完全に丸め込まれました。

めちゃくちゃ勉強になりましたね。
たった2時間でこんなに知識増やせるのかーって思いました。

最後まで感動させてくる!

その日はとりあえず、契約するような場面はなく、帰宅したんですね。
「なんで?この気持ち持ち帰らせていいの?忘れちゃうよ?」
って思いながら帰りました。

すると、その週のうちに、郵便が届いたんです。
「あっこれは営業の本で読んだアフターフォローのお手紙!」
って思って開けたら、その通り、ではあったんですけど。

お手紙+名刺が入っていて

名刺の裏に
「この度はありがとうございました!
〇〇について、いかがでしたか?
いつでも伺いますので、ご連絡お待ちしています」

って、書いてあるんです。

そう、セミナー前に私に話しかけてくれた職員さんの名刺です。
日をまたいでも想定を超えることで心を奪ってくる作戦…!
「嘘でしょ…どれだけ感動させてくれるのよ…」
って思いました。笑

後日談

ライバル会社なので同じような商品を扱っているんですけど

私、契約しました。

契約に際して、
職場を伝えなくちゃいけないので、
担当の方には全部バレましたけどね。笑

「俺にもそっちの情報くださいよ!」って
言われるくらいの間柄にはなりました。

買って、やっと満足したんです。

買うことで満足できるって、
そんな営業最高じゃないですか?

今まで、声をかけるだけで
嫌な顔されたり、電話ガチャ切りされたり…
それが営業だと思っていたので、
「営業って、セールスって…
なんでこんなに嫌われるんだろう…」
って、本当に嫌いでした。

でも、ライバル会社のおかげで笑
「こういう営業したいなー」
「聞いてよかったって思って貰いたなー」って、
めっちゃやる気出ました。

まとめ

これは、私がビジネスを学ぶ前のお話です。
つまり、無意識の行動でした。

  • めちゃくちゃ学びをあたえる
  • 期待を超えたサービス

って、セールスであろうとも
めちゃくちゃありがたいし、満足感を味わえます。

私は買っちゃったんですけど。笑

買わなくてもいいので、
同業者の体験するのっておススメです。

内容がわかっている分、
めちゃくちゃ勉強になります!

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました