蒼井うみがこのブログで伝えたいこと。

蒼井うみのこと

はじめまして。
蒼井うみと申します。

こんなにも広いインターネットの世界で
私のブログを見つけてくださり、
本当にありがとうございます!

私は現在、
非正規OLとして働きながら、
副業でネットビジネスをしています。

もちろん、フルタイム勤務です。

そのため、ビジネスの時間は
終業後と土日が中心です。

昔から内向型で疲れやすいので
完璧主義にならないように意識して
自分のペースで進めています!

このブログは、
30代非正規・独身の私が体調を崩し、
将来に不安を感じたことをきっかけにはじめました。

「人生、このままでいいの?」って
考えるようになったんですよね。

私はビジネスを学んで
価値観が変わる前までは
仕事と他人優先で働いてました。

疲れて残業したくない時も
予定があって休日出勤したくない時も
頼まれたら、断れませんでした。

他人に嫌われるのが怖いから。
「私が我慢すればいい」
って、
感情に蓋をして。

うっかり立ち止まって振り返ると
「なんのために毎日繰り返してるんだろう」
「この先もずっとこんな生活が続くのかな」と、
虚無感に囚われてしまうから。
それを恐れてひたすら動き続ける。

そんな生活を続けていたら
あっという間に身体を壊しました。

「仕事に行かなきゃ」
「仕事しなきゃ存在価値がない」って
自分をどんどん追い込んで、
自分の身体のSOSにも気づけなかったんです。

本当は
「もっと自由に生きたい」
「経済的に自立したい」
「もっと自分を大切にしたい」
と、思っていたはずなのに。

自分の本当の声を
聞くこともできなくて。

むしろその声が聞こえないように

「非正規だからダメなんだ」
「田舎だからどうしようもない」
「こんなことで身体を壊すなんてありえない」

と、自分を否定する方に走っていたんです。

正直、
「生きづらいな」って、
ストレスを感じながら生きてきました。

(もしかしたら
このページを読んでくれているあなたも
感じているかもしれませんね)

そんな毎日から抜け出したくて、
自分の声が聴こえるようになりたくて、
ネットビジネスをはじめたんです!

自分のビジネスをつくるために
技術だけでなく、考え方も学びました。

以前から興味があった、
心理学や脳科学、社会学も学びました。

その過程で、
【内向型】に出会ったんです。

内向型の特性を学んだことをきっかけに
自分の考え方のクセなどを知って

自分を責めることが激減しました。

そうしたら、
「自分」の優先順位を
「仕事」より上に持ってくることが
できるようになったんです。

他人の目も前ほど気にならなくなって
「がんばってる自分を大切にしていい」って

自己肯定もできるようになってきました。

おかげで、
以前より生きやすくなりました。

さらに
時間やお金の優先順位と、
他人に対する気持ちも変わりました。

副業として始めたことで
時間の貴重さが
身に染みるようになったからです!

環境を変えるだけで、
考え方や価値観って
どんどん変えていくことができるんですよね。

私はネットビジネスから
学校では教えてくれないお金の仕組み
会社員も知らないビジネスの本質
自分や時間についての考え方
など、

今まで考えたこともない
たくさんのことを学びました!

「会社員」目線では見えない角度に
大事なことが隠れていたんです。

なにより
「会社員」じゃなくても

収入を確保できる方法があるって知って、
安心したんですよね。

特に私が気に入ってるのは
こんなところです。

・在宅ワーク
・人間関係の悩みがない
・飲み会もない
・誰かの機嫌を取らなくていい
・他人の目を気にしなくていい
・むしろ他人と違う目線が大切
・ネットなので会社や家族にバレない
・「自分のペース」で仕事ができる
・自分が好きな自分でいられる
・「できる」を仕事にできる

自分を否定することしか、
生き方を知らなかった私。

このビジネスをはじめてないと
今でも知らなかったと思います。

「このままじゃダメだ」って思いながら
でもどうにもならないんだと信じて、
自分を犠牲にしていたのだろうと思います。

生きづらさを抱えながら
30年、40年…と
生き続けたのだろうと思います。

そんな、
何も変わらなかった場合の未来を考えると
「このビジネスをはじめてよかった」と
心から思うんです。

同時に、
以前の私みたいな悩みを抱えてる人を
「助けたい」と、考えるようになりました。

自分を肯定されない場所に身を置いてる人に、
私が発信する言葉やコンテンツで
自信を取り戻してもらえたら…。

心理学や脳科学、
社会学を学んでいるのは
できるだけたくさんの角度から
知識を得たいからです。

たくさんの角度の考え方を知ることで
あなたの常識が崩れるような、
あなたの世界が変わるような、
そんな発見をしてもらいたいからです。

そんなことを、
ブログやメルマガで発信しています。

自分を受け入れて、
胸を張って自分の人生を歩いていける人を
1人でも増やしたい。

このブログでは、
過去の私のように
「生きづらさを抱えている人」に向けて

自分を大切にしながら生きるために
《内向型を活かして稼ぐ》方法を
お伝えしていきます。

なぜ
《内向型》ばかりでなく
《稼ぐ》も必要なのかというと

私たちは
生きるために働く場所で、
生きづらさを感じることが多いからです。

非正規だからこそ感じるのですが、
「生きること」と「お金」は、
どうしても切り離せません。

生活費があまりにギリギリだと
お金と自分を天秤にかけて
お金を優先するしかなくなります。

すると、
生きることにいっぱいいっぱいで
心にゆとりがなくなってしまう…。

だから…
心にゆとりをもたせるためにも

お金ってやっぱり必要で。

だから残業代なんかで
稼がなくちゃいけない。

だから無理して、
自分の身体と心を犠牲にしてまで
がんばってしまうんです。

…意味ないですよね…。

自分のために頑張ってるはずなのに、
結局自分を犠牲にしているんです。

しかも、
残業や休日出勤、
仕事の試験勉強の時間って、
貴重な自分の時間なのに。

その時間があれば、
友達とご飯を食べたり、
マンガを読んだり、
時間をまとめれば旅行だって行けちゃう。

頭痛がするなら休んだりと、
自分を大切にもできる。

でも
「そのためにもお金がなくちゃ生活できない」

時間を優先すればお金が無くなる。
お金を優先すれば時間が無くなる。

そして必死になればなるほど、
周りが見えなくなるから
自分を否定してしまう。

「なんでこんなにやってるのにダメなんだ」
「自分には才能がないんだ」
って勝手に自己嫌悪してしまう。

自分の努力を知ってるのは、
自分だけなのに…。

自分が一番自分を
ほめてあげられるはずなのに…。

私たちが
気持ちよく生きるためには
自分の時間

自由なお金

自己肯定感
全部必要なんですよね。

時間やお金を言い訳にせず、
自分と向き合うことに慣れてくると、
息がしやすくなります。

だから、
生きづらさを感じる会社以外の場所で
自分の力で
収入を得る方法を知っておく
ことが必要なんです。

なので
《内向型を活かして稼ぐ》方法を
発信していくことに決めました。

私、蒼井うみの経験や考えを通して
内向型の特性や
ネットビジネスの考え方などを書いています。

「身体が軽くなった気がします」とか
「私もうみさんと同じです」とか
「会社員以外なんて考えたことなかったです!」とか
ツイッターのDMやメルマガに返信をいただくたびに
嬉しい気持ちでいっぱいになります。

あなたの生きづらさが
少しでも和らぐことを信じて

お伝えしていきます。

興味がある方は、
ぜひこのブログを回ってみてくださいね。

いつでも感想やご意見、
お待ちしてます~!

深い内容になってくると
ブログでは書ききれないので
無料メルマガも配信しています。

メルマガでは、
内向型が生きにくさを感じる理由や
私が実践してきたビジネスの種類など、
さらに詳しくお伝えしています。

内向型の特性を活かすためのレポートも
無料でプレゼントしてますので
ぜひ読んでみてくださいね。

メルマガの登録はこちらから
【蒼井うみの無料メルマガ】

読んでいただけると、
さらにブログが楽しめると思います!

あなたが「なりたい自分」になる
お手伝いができたら、とっても嬉しいです。

私のさらに詳しいプロフィールは
こちらの記事に書いてますので、
ぜひ合わせて読んでみてください
蒼井うみのこれまでの人生と、これから

蒼井うみのこれまでの人生と、これから
こんにちは。蒼井うみです。 このページでは、 蒼井うみの人生と、 私がブログを書く理由を、お話しします。 ...

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

  1. […] 完成品→あおいうみがこのブログを通して伝えたいこと。 […]

タイトルとURLをコピーしました