蒼井うみがこのブログを通して伝えたいこと。

蒼井うみのこと

はじめまして。
蒼井うみと申します。

こんなにも広いインターネットの世界で
私のブログを見つけてくださって、
本当にありがとうございます^^!

私は現在、
会社勤めをしながら、
副業でネットビジネスをしています。

このブログは、
非正規のまま30代に突入したことや、
体調を崩したことをきっかけにはじめました。

私の現在の雇用形態は非正規社員ですが、
勤めている会社は非正規も
正社員並みに残業があり、
資格取得や自己学習もしています。

ストレスから
体調が思わしくない日も少なくありません。

ネットビジネスをはじめて
価値観が変わる前までは
仕事と他人優先でずっと働いてきました。

「私が我慢すれば解決するんだから」
そんなふうに自分を犠牲にして。

残業だって休日出勤だって断れなくて。

そんな生活を続けていたら
あっという間に身体を壊しました。

うっかり立ち止まって振り返ると
「なんのために毎日を繰り返してるんだろう」
「この先もずっとこんな生活が続くのかな」
って、虚無感に囚われてしまうのが怖くて、

それを恐れてひたすら動き続ける。

だから
「仕事に行かなきゃ」
「仕事しなきゃ存在価値がない」って
自分の身体のSOSにも構ってあげられませんでした。

本当は
「もっと自由に生きたい」
「経済的に自立したい」
「もっと自分を大切にしたい」
って、心の底で叫んでいたんです。

でもその声を聞くこともできなくて。

むしろその声が聞こえないように

「非正規だからダメなんだ」
「田舎だからどうしようもない」
「こんなことで身体を壊すなんてありえない」

って、自分を否定する方に走っていたんです。

以前は他人の目ばかり気にして、
特に、職場には居場所がないような気がしていたんです。

好きなことを話すことも、
本を休憩室で読むことすらできませんでした。

他の人と違うことをすることは
許されないっていう空気に従ってました。

「非正規だし」って無理やり自分を卑下して、
納得させてたんです。

正直、「生きづらいな」って
ずっとストレスをためながら生きてきました。

もしかしたらあなたも
そんなふうに感じるシーンがあるかもしれません

そんな経験があり、
自分の声が聴こえるようになりたくて、
私はネットビジネスをはじめました。

ネットビジネスに
取り組むようになってからは

内向型の特性や
自分の考え方のクセなどを知ることによって

自分を責めることが激減しました。

そして、
何よりも下にしていた
「自分」の優先順位を
上げることができるようになって、

前ほど他人の目が気にならなくなりました。

そしたら
「がんばってる自分を大切にしていい」って
自己肯定もできるようになったんです。

おかげで、以前より生きやすくなりました。

さらに時間やお金の優先順位と、
人に対する気持ちも変わりました。

本業があるので副業ができる時間は貴重で、
そのためにお金をかけることは
無駄じゃないっていう考え方も
できるようになりました。

私がネットビジネスから学んだことは
学校では教えてくれないお金の仕組みや、
会社でも知ることができない
ビジネスの本質についてです。

「会社員」目線では見えない角度から
学べたものがたくさんあったのです!

私が選んだのは
都会じゃなくてもちゃんと副業ができて
内向型でも安心して進められる
安心感の強いビジネス。

なにより
「会社員」じゃなくても

収入を確保できる方法があるって知って、
ホッとできたんですよね。

会社で働きながら時間を作って、
時には自分を休めたりしながら、
自分のペースで副業を進めています。

副業を進めるうちに私の生活や気持ちは
こんな風に変わっていきました。

・会社よりも自分が大事ということに気付いた
・悩み方に変化が起きて、
 前向きに生きられるようになった
・他人の目があまり気にならなくなった
・会社や家族にバレずに
 家から出る必要なく副業
・趣味の読書で学んだことを情報発信することで
 情報をきちんと活かせるように変わった。

そして、お金に悩んでいたり、
私みたいに変われなくて
どうしていいかわからない悩みを
抱えてる人を助けたいって思うようにもなりました。

自分を肯定されない場所に身を置いてる人に、
私が発信する言葉やコンテンツで
自信を取り戻してもらえたら…。

そんな気持ちで日々考え続け、
試行錯誤しています。

そのために、まずは
私が体調を崩すきっかけになった
メンタルについて勉強することにしました。

繊細な分野なので、
できるだけたくさんの角度から学びたくて、

心理学、脳科学、社会学など、
少しずついろんな知識を取り入れています。

そうして学んだ内容を、
ブログやメルマガを使って
発信することにしました。

発信すると決めてからは、
ネットビジネスの教材や
内向型の人向けの本などを購入して
動けずにいた時間を取り戻す勢いで勉強しました。

仕事が終わってから毎日ノートに向き合って、
空き時間を見つけては音声教材を聞いたり、

いろいろ調べたり試したりを繰り返して、
ようやく今のビジネスに辿り着きました。

自分を受け入れて、
胸を張って自分の人生を歩いていける人を
1人でも増やしたい。

このブログでは、過去の私のように
「自分に自信が持てないまま、
変わりたくても変われなくて
悩みながら生きている人」に向けて

自分を大切にしながら生きていくために
《内向型を活かして稼いでいく》方法を
お伝えしていきます。

理想を手に入れるために必要なのは
・自分の時間
・自由なお金
・自己肯定感
この3つです。

時間やお金を言い訳にせず丁寧に生活したり、
自分の感情と向き合うことに慣れてくると、
だんだんと無理なく
理想に近づくことができます。

いちばんの悩みの根幹にあるのが
普段から話題にもなる私たちの『働き方』。

私たちが仕事のために頑張りすぎるのって
「みんなと同じだから安心」なんかじゃ全然なくて。

突然電池切れになっちゃうことって、
全然あるんですね。

そうなる前に、
こうして会社以外でも自分の力だけで
収入を得られる方法を知っておくって
必要だなって私も思ったんです。

生活とお金は、
どうしても切り離せないもの。

生活費があまりにギリギリじゃ
自分を大切ににできないから、

心にゆとりをもたせるためにも
お金ってやっぱり必要で。

だから残業代なんかで稼がなくちゃいけない。

だからみんな無理して、
自分の身体と心を犠牲にするほど頑張ってるんです。

…意味ないですよね…。

自分のために頑張ってるはずなのに、
結局自分を犠牲にしているんです。

しかも、
残業や休日出勤、
試験勉強の時間って、
貴重な自分の時間なのに。

その時間があれば、
友達とご飯を食べたり、マンガを読んだり、
時間をまとめれば旅行だって行けちゃう。

頭痛がするなら休んだりと、
自分を大切にもできる。

でも
「そのためにもお金がなきゃ生活ができない」

時間を優先すればお金が無くなる。
お金を優先すれば時間が無くなる。

そして必死になればなるほど、
周りが見えなくなるから
自分を否定してしまったりします。

「なんでこんなにやってるのにダメなんだ」
「自分には才能がないんだ」
って勝手に自己嫌悪してしまう。

自分の努力を知ってるのは、
自分だけなのに。

自分が一番自分を
ほめてあげられるはずなのに。

しあわせのためには、
自分の時間も
自由なお金も
自己肯定感も
全部必要なんですよね。

こうした考え方や価値観に気づいて、
ネットビジネスに出会って変わることができた
私のように
今悩んでいる人に手を差し伸べたい。

そんな強い想いから
メルマガも書くことにしました。

メルマガでは、
ブログの内容をさらに深掘りした内容や、
実践的な方法などをお届けしています。

まずは内向型さんが失いやすい
自己肯定感の知識を、

そのあとに、私が実践している
ビジネスの情報をお伝えしてます。

内向型の特性を活かして稼いでいくための
道のりを記したレポートも
無料でプレゼントしてますので
ぜひ登録してみてください^^

メルマガの登録はこちらから
【蒼井うみの無料メルマガ】

読んでいただけると、
さらにブログの内容がおもしろくなると思います。

あなたが「なりたい自分」になる
お手伝いができたら、とっても嬉しいです。

私のさらに詳しいプロフィールは
こちらの記事に書いてますので、
ぜひ合わせて読んでみてください
蒼井うみのこれまでの人生と、これから

蒼井うみのこれまでの人生と、これから
こんにちは。蒼井うみです。 このページでは、 私、蒼井うみがこのブログを書く理由と、 これまでの人生をお話しし...

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

無料メルマガやってます【特典付き】

私は現在、
田舎の非正規OLとして働きながら、

「生きづらさを抱えながら、
がんばってる内向型さん」へ向けて
《内向型を活かして稼ぐ方法》を発信しています。

◆基本1人でも稼げるネットビジネス
◆内向型の特性が活かせる理由
◆会社員以外の働き方の種類
などを詰め込んだ無料メルマガと、

特典として
内向型を活かして稼ぐため道のりの
レポートをプレゼント
しています。

実は、1通目のプロフィールも
メルマガでしか読めない、
内向型バージョンになってます。

無料で登録できますので、
ぜひ読んでみてください^^

コメント

  1. […] 完成品→あおいうみがこのブログを通して伝えたいこと。 […]

タイトルとURLをコピーしました